情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

カビと湿気の原因とは?根本的な対策は?

   

カビに悩まされる人が多くいる傍ら、特にカビの悩みを感じたことが無い人がいるのも事実です。この違いはどこから来るのでしょうか?また、カビや湿気の原因対策は何なのでしょうか?

カビが発生する原因は?

カビが発生するほとんどの原因は、極端な湿気が発生している場合です。残念なことに家や場所によって湿気が発生しやすい環境があるのです。

では、その湿気が発生してしまう原因は何なのでしょうか?

湿気が発生する原因は?

湿気が高くなる原因はいろいろとあります。

単純に絶対湿度が高い

絶対湿度とは空気中の水分量です。梅雨や夏場に湿気が多いのはこちらに該当します。気候の問題なので防ぐことは難しいですね。

湿度が高くなる時期はこまめな対策をするなど心がけが必要になります。

生活する中での湿気

例えば、呼吸・炊事・お風呂・室内干しなど、家の中での生活にも湿気を高めるものがあります。

こちらも防ぐことは難しいですが、通常は、家の中の空気をしっかりと換気できていれば問題にはなりません。ただし、一昔前の、高気密工断熱だが24時間換気がついていない家などは、換気が上手くされず生活湿気が溜まりやすくなっていますので、注意が必要です。

環境や温度差からくる湿気

例えば、湿った地盤の上に家が建っていて、一昔前の基礎と断熱材の場合は、床下から湿気が上がりやすい構造になっている場合もあります。

また、北側の部屋は日陰になりやすく温度が下がるため、内部と外部の温度差で結露による湿気がおきやすくなります。北側の外壁に面した押入れなどが弱いのはこのためです。

そして、鉄筋のマンションなどは、木造に比べて湿気が発生しやすい特徴があります。コンクリートは結露が発生しやすく、木材より湿気を吸いにくいからですね。

湿気の根本的な対策は?

湿気の原因が分かったとしても、環境を変えることは容易ではありません。基礎の工事や断熱材の入れ替えなどは金額的にも大きくなるので、ひどい場合の最後の手段かと思います。

生活する中での湿気も抑えることは難しく、部屋干しをやめるくらいでしょうか。(^^;

ですので、根本的な湿気対策は難しいというのが実際のところです。

あとは、換気こまめな掃除が最大の対策なので、環境を受け入れて何かしら対応をしていくしかないでしょう。

湿気対策に換気はどうすればよい?

湿気が発生しやすい家の場合は、何とか湿気を取るしかありません。

除湿機能のあるエアコンを稼動させたり、除湿機を導入するのが最も簡単で効果が高い方法です。

あとは単純に湿気が滞留しないように、扇風機などを使って風通しをよくしたり、扉を閉め切っている部分をなくしたりすることでしょう。押入れやクローゼットも、扉を開けておくだけで湿気対策になります。

また、晴れた日や外気が乾燥しているときは、窓を開けて家の湿気を逃がすことも重要です。こまめな換気を心がけたいですね。

カビと湿気の原因と対策まとめ

まず、環境によって湿気が発生しやすいことがあるという現実を受け入れましょう。換気など気にしなくてもカビが発生しない家もあれば、どんなに対策してもすぐカビ臭くなる家もあります。

そのような部屋や環境になってしまった場合は、何かしらの湿気対策をしてカビが発生しないように心がける必要があります。

お風呂や押入れクローゼットのカビ対策については別の記事でまとめていますので、よろしければご覧下さい。^^
>>押入れクローゼットのカビ対策!臭いの除去にはコレ!
>>お風呂のカビ対策!タイルやパッキンの黒カビを簡単に落とすには?

  関連記事

中秋の名月を子供に説明!分かりやすく解説すると○○の日!

夏の暑さも和らぎ、お月見の季節がやってきます。 この時期に「中秋の名月」といいま …

卒園式と入学式での服装の違い 分けるべき最大のポイントと着まわしのテクニック!

子供の卒園式が終わったと思ったら、今度はすぐに入園式がやってきます。 関連

七五三の母親の服装はワンピースで良い?将来的に着まわし出来るコーデを!

七五三の子供の服装はすぐに決まっても、以外と悩んでしまうのが自分の服装。 七五三 …

防災用品のリストをまとめてみた【小さい子供がいる親向け】

毎年のように各地で起こる自然災害。その度に、日頃から防災用品を揃えておくことの重 …

浴衣 女の子用の着崩れしない着付け方法!浴衣よりもオススメな衣装はコレ

夏祭りの季節になると、女の子を持つ親なら我が子に浴衣を着せたくなりますよね! 関 …

うなぎ価格の推移と相場!価格高騰の原因と2015年はどうなる?

土用の丑の日はうなぎを食べようと思っている人も多いのではないでしょうか? そこで …

エアコンのドライと冷房?湿気対策に効果的なのはどっち!?

じめじめした時季になるとエアコンをつけて除湿する人も多いでしょう。 ここで疑問な …

自撮り棒はなぜ禁止?規制の原因と致命的な欠点とは?

他人に頼らずともきれいな自撮り写真が撮れると評判の「自撮り棒」。しかし、現在では …

ネクタイ結び方 葬式や結婚式での知っておきたいルール

普段、何気なく身に着けているネクタイ。 ネクタイの結び方って、 何種類知っていま …

忘年会の余興 練習なしで女性でも簡単に出来るアイデアは!?

会社の忘年会に欠かせないのが余興です。でも苦手な人も多いのではないでしょうか。。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上