情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

日焼け止め 赤ちゃん用は大人にも使える?敏感肌の女性にオススメしたい一品!

   

日差しの強い日が増えてきましたが、日焼け対策は十分に出来ているでしょうか?

日焼け対策として一般的な日焼け止めですが、やはり肌に負担はかかるもの。

敏感肌の人の中には「肌が荒れてしまって日焼け止めが使えない!」という場合もあるようです。

実は、少し視点を変えるだけで、そんな敏感肌の人にもオススメできる日焼け止めがあるんです!^^

敏感肌の人には赤ちゃん用の日焼け止めを!

敏感肌で日焼け止めが使えなかったという人でも、「赤ちゃん用の日焼け止めであれば使えた!」という場合があります。

肌の弱い赤ちゃんのための日焼け止めは、大人向けよりも繊細な成分になっていることも多いんですね。^^

赤ちゃん用日焼け止めと大人用の違い

赤ちゃん用と大人用では、日焼け止めにどのような違いがあるのでしょうか?

<赤ちゃん用日焼け止めの特徴や主な原料>
・無添加、無香料
・ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)
・ウォータープルーフタイプでも水で落とせるタイプがある
・酸化チタン(紫外線散乱剤)使用

<大人用日焼け止めの特徴や主な原料>
・紫外線吸収剤使用
・化粧下地にも使用できる
・SPFが高いものがある
・専用のクレンジング剤を使用しないと落ちにくいものがある
・伸びが良くムラになりにくい
・白浮きしないような工夫
・毛穴を隠す効果のあるものがある

基本的に、赤ちゃん用の日焼け止めは大人用に比べて「優しく」出来ています。

大きな違いは紫外線吸収剤が入っているかどうか。

紫外線吸収剤が入っていると白浮きはしなくなりますが肌には負担がかかります。

赤ちゃん用はこの紫外線吸収剤が入っていない代わりに、酸化チタン(紫外線散乱剤)によって紫外線を防ぎます。

紫外線吸収剤とは化学物質で紫外線をエネルギーに変換し体外に出す成分。
白浮きせず、紫外線対策&ムラなく塗れて良いのですが、肌への負担が大きいとされています。

一方、紫外線散乱剤は皮膚にパウダー状の物質を乗せることで、紫外線を反射し紫外線を予防する効果があります。
肌に乗せている形になるので負担が軽く刺激も少ないのが特徴です。

大人にも使える赤ちゃん用の日焼け止め

赤ちゃん用の日焼け止めもたくさんの種類もありますね。

優しすぎるものはPAやSPFも弱く、長時間外を出歩く大人には物足りない場合もあります。

コチラは赤ちゃん用には人気がありますが、紫外線防止効果はそこまで高くありません。

大人にも使える赤ちゃん用日焼け止めであれば、やはりSPF30程度のものを選びたいですね。

大人でも使える赤ちゃん用日焼け止め/まとめ

最近ではオーガニック成分の日焼け止めも多く販売されています。

肌を守ってくれるはずの日焼け止めで肌をボロボロにしないよう、いろいろと試してみて下さい!^^

  関連記事

東京土産 会社用にオススメの安くてコスパ最強はコレだ!

会社へのお土産って気を使って悩んだことありませんか? 久しぶりの外出だし、何も買 …

余ってしまいがちなそうめんを有効利用する簡単な方法

暑い夏に食べたくなるそうめんですが、味が単調になりがちで、悩みも多い存在ですね。 …

湿気で床が濡れてベタベタに!フローリングに布団はアウト?

フローリングに布団を敷いて寝ているけども、朝起きて布団をあげてみたらびっくり。床 …

自撮り棒はなぜ禁止?規制の原因と致命的な欠点とは?

他人に頼らずともきれいな自撮り写真が撮れると評判の「自撮り棒」。しかし、現在では …

子供の名前ランキング2016を予想!歴代結果から最新トレンドを考えてみる!

2015年の子供の名前ランキングが発表されましたね。子供への一生の贈り物ですから …

静電気体質なんて存在するのか?バチッ原因と簡単に出来る解決策!

冬になると多くの人が悩む静電気のバチッとした痛み。深刻な人は、ドアノブに触れるこ …

産休で休む同僚に向けた感動する送別メッセージ!

同僚が産休に入ることになったんですが、送別会を開くことになりました。 関連

自宅での浴衣 洗濯の仕方は?初めてでも安心の手順 完全版!

夏祭りや花火大会の季節が近づいてきました。 今年は浴衣を着るぞ!と張り切っている …

コタツのメリットはデメリットを超える!狭いワンルームには絶対オススメの使い方

冬の暖房にコタツはいかがでしょうか? 関連

焼き芋はカロリーが高くて太りそうは間違い?ダイエットや美容にも効果的な摂取方法

秋はサツマイモの美味しい季節ですね!^^ 秋と言えば、「美味しい焼き芋を食べたい …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上