情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

お風呂のカビ対策!タイルやパッキンの黒カビを簡単に落とすには?

   

湿気が増えてくると気になるのがお風呂のカビ気づいたらいろんな所に黒カビが生えていた!なんていう人も多いようです。

今回は、カビの原因対策をまとめます。

お風呂にカビが生える原因は?

まずはお風呂にカビが生える原因を確認しましょう。

カビが成長するには以下の4つの要素が必要と言われています。

・湿度
→恒常的に湿度が高い場所は要注意。

・温度
→20℃~30℃が成長しやすい温度ですが、人間の生活温度と同じなので対策が難しいですね。

・酸素
→酸素が無ければカビは成長できません。

・栄養
→体の垢や皮脂、石鹸カスなどがカビの栄養となります。

お風呂のカビ対策の考え方

上記のカビが生える原因から対策を検討してみましょう。

温度酸素については、人間が普通に生活する環境に近いので、対策は難しいですね。

湿度栄養については何か対策が出来ないでしょうか?

お風呂カビ対策のための湿度管理

お風呂上りに、お風呂場の湿度を下げる工夫をすることで対策が可能です。

・お風呂あがりに、全体に冷水をかける
お風呂場の温度が下がり、湿気が発生しにくくなります。

・お風呂場の水滴をなくす
水切りワイパーなどを使い、風呂釜や壁、床の水分をしっかり切ります。その後、バスタオルなどを使って、水分が残らないようしっかり拭きあげましょう。ここまでするのはかなり手間ですが、こうすることで翌日にはカラッと乾いたお風呂場になり、カビは圧倒的に生えにくくなります。

・換気扇
可能であれば、お風呂場の換気扇は24時間稼動させておきましょう。晴れた日であれば窓を開けることも併用し、お風呂場の風通しを良くするように心がけましょう。

これらの対策をして、お風呂場を湿った状態にしておかないようにすることが、カビ対策の第一歩です。

お風呂カビ対策のための清潔管理

カビの栄養となる垢や皮脂、石鹸カスなどを残さないことも重要です。

お風呂上りにシャワーのお湯でお風呂全体を流します。不要な汚れを残さないだけもカビ対策には効果があります。

お湯を流した後は書いたとおり、冷水シャワーを全体にすることでお風呂の温度を下げましょう。

黒カビ除去!お風呂のカビを落とす方法

カビが発生した場合はどうすればよいのでしょうか。

カビ対策で重要なのはこまめなカビ取りです。見つけたら面倒くさがらずに、根深くなる前に除去するようにしましょう。

局所的な場合は、市販のカビ除去剤(カビキラー等)でこまめにカビを除去します。スプレーてし歯ブラシ等でこするときれいに取れます。

簡単に取れない場合は、スプレーしたまま30分~1時間程度おいてみます。側面などで流れ落ちてしまう場合は、ティッシュを上からかけてスプレーしたり、ラップで包んだりして薬品が留まるように工夫します。

お風呂のカビ対策まとめ

お風呂場のカビ対策は、
1.お風呂上りはお湯で浴室を汚れを綺麗に流す。その後冷水シャワーで浴室の温度を下げる。
2.水切りをする。バスタオル等でこまめに拭きあげる。
3.換気扇は24時間回して、換気をよくするよう心がける。
を徹底してください。

実は管理人の場合は、1と3だけ実施していました。でもゴムパッキンのところはカビが目立ってしまっていて、やはり、2もするべきだよなーと思っています。

また、カビを見つけた場合はこまめな除去を怠らないようにしましょう!

  関連記事

自撮り棒はなぜ禁止?規制の原因と致命的な欠点とは?

他人に頼らずともきれいな自撮り写真が撮れると評判の「自撮り棒」。しかし、現在では …

ブライダルエステって意味ある?価格に対してどのくらいの効果があるのか?

一生に一度の結婚式ですから、女性であれば最高の自分で臨みたいですよね。 関連

髪の毛の乾燥を防ぐポイント!枝毛を抑える簡単な工夫とは?

冬になるとお肌だけでなく髪の毛の乾燥も気になりますよね。 関連

子供の熱中症対策は?症状やサインを見逃さないコツ!

夏が近づいてくると心配なのが「熱中症」です。 特に小さな子どもは、自分で意思表示 …

ネクタイの結び方の基本パターンまとめ

ネクタイの結び方はいくつかありますが、 基本的なものはしっかりと押えておきましょ …

夏バテでご飯が食べれない時の対処法は?治し方のコツ!

毎年暑くなると、夏バテしてご飯も食べれなくなってしまうという人も多いですよね。今 …

冷凍したお餅の美味しい食べ方!解凍方法はレンジで良いのか?

食べ切れなかったお餅を冷凍保存している人は多いはず。 でも、そのお餅を美味しく食 …

去年の日焼け止めは使える?使用期限がいつまでか見極める方法

陽射しも強くなり、紫外線が気になる季節になってきました。 ちょっとそこまで出掛け …

防災グッズの見直しを定期的にする工夫!いざという時に本当に必要なモノは?

ここ何年かの間に、豪雨、突風、竜巻などの被害を聞くことが日本でも増えてきましたね …

日焼け止め 1年前のものは使えるか?未開封と保管状態の関係

紫外線の強い今の時期の必須アイテムといえば「日焼け止め」。 海へ繰り出そうと日焼 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上