情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

髪の毛の乾燥を防ぐポイント!枝毛を抑える簡単な工夫とは?

   

冬になるとお肌だけでなく髪の毛の乾燥も気になりますよね。

髪をとかしたときに起こるイヤな静電気も、実は髪の乾燥が原因で起こっているんです。

髪の乾燥が進むとキューティクルが剥がれて枝毛切れ毛などのダメージの原因になりますし、この時期は本当に髪が痛みますよね。。。

できることなら冬の乾燥に負けないキレイな髪で乗り切りたいですね!^^

そこで今回は、髪の乾燥を防ぐ方法について調べてみました!

髪の乾燥を防ぐにはまずはクシの見直しを!

髪の乾燥が気になる場合、まずは使っているクシを見直してみてください。

摩擦で刺激が起こりやすいプラスチックのクシを使うことは出来るだけ避けましょう。

オススメは刺激が少なく髪に良い豚毛や猪毛のブラシツゲでできたクシです。

またブラッシングの前には、椿オイルやトリートメント剤を使って髪をコーティングし摩擦が起こりにくくすると、対策としてはバッチリですね。

ここまで出来ると完璧なのですがなかなか面倒なので、せめてクシだけでも静電気の起こりにくいものを使いたいところです。(^^;

髪の感想を防ぐヘアケアのポイント

髪の乾燥を防ぐにはなんといっても保湿が重要です。

シャンプーをすれば保湿になる?というのは間違いで、シャンプーは頭皮の油分を洗い流してしまうので、保湿という観点ではオススメできません。

1日に何度もシャンプーをするような方は乾燥に要注意です!枝毛になったりしていませんか??

オススメのヘアケアとしては、トリートメントの際に蒸しタオルをしばらく巻いておくこと。

トリートメントが髪に浸透しやすくなるだけでなく、剥がれたキューティクルを補修する効果が期待できますし、頭皮の乾燥を防ぐことにも有効です。

また、ドライヤーの使い過ぎにも気をつけてください。

濡れた状態でのドライヤーは髪に良くないというのは聞いたことがあると思いますが本当です。

タオルで髪を挟んで優しく押さえて水分をとってからドライヤーを使いましょう。この時もオイル系のトリートメントを使って髪を熱から守るようにするとなお良いです。

そして、ドライヤーの刺激を避けるあまり、髪を乾かさないで寝るのも良くありません。

濡れた髪は傷みやすいので、寝返りなどちょっとした刺激がダメージの元になります。ニオイの原因にもなりますので、しっかりと乾かしてから寝るようにしてください。

髪を乾燥から守るため普段の生活で出来ること

髪の毛の乾燥対策に普段の生活でも注意するポイントがあります。

一つはエアコンの聞いた部屋などの乾燥しやすい環境。

エアコンをかける室内はどうしても乾燥するので、加湿器を利用するなどして少しでも乾燥を抑えるようにします。

もう一つは髪の毛の栄養を十分に取ること。

豆類、魚や赤身の肉、卵などの良質なタンパク質を食事で摂って、髪の栄養が不足しないようにしましょう。

また、暴飲暴食や睡眠不足、運動不足などでストレスが蓄積し、女性ホルモンのバランスが乱れると髪の健康にも影響してきます。

日頃から食べ過ぎないようにする、十分に睡眠をとる、軽い運動を取り入れるなどしてストレスを溜めない生活をすることも大切です。

髪の毛の乾燥を防ぐポイントまとめ

冬になると、少し触ったりクシで引っかかるだけでも本当に枝毛や切れ毛になりやすくなりますね。

全てを実践するのは難しいかもしれませんが、今回ご紹介した対策をどれか一つ取り入れるだけでも効果はあると思います。

毎日のちょっとした積み重ねで痛んだ髪を避けることが出来ますので是非試してみて下さい。

「乾燥」に関連するオススメ記事☆
>>乾燥のかゆみに有効な対策!少し変えただけで改善した私の事例
>>加湿器とアロマディフューザーに違いはある?初心者はどちらを買えば良いのか?

  関連記事

サロン脱毛で本当にキレイになるのか?クリニックとの違いを調査!

最近、理由あって脱毛について調べているんですが、外から見ているだけでは分からない …

渋滞運転を乗り切るコツと注意点!気分転換は○○を活用して

夏休みの旅行やお盆の帰省など、長距離運転の機会が増えますね。 しかしこの時期の道 …

赤ちゃんの紫外線対策はどうする?気になる方法と大人顔負けのUVケアとは

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は柔らかくてぷるぷるで、本当に羨ましいものです。いつ …

アパートの台所が寒すぎるので簡単に出来る対策を調べてみた!

アパートの台所が本当に寒くて困っています! 関連

静電気を防ぐ方法を試してみた!車から降りるときのバチッを何とかしたい!

冬になり空気が乾燥してくると発生する静電気。ふとした時にビリリときて、嫌な思いを …

帰省時は車で長距離運転になる場合 赤ちゃんのために注意したいことまとめ

長期休暇になり、実家への帰省を検討している方も多いと思います。 関連

浴衣の洗い方 色落ちさせない基本の手順 

浴衣を着てイベントに繰り出したい季節になりましたね! 夏祭りや花火大会など、浴衣 …

日焼け止め 赤ちゃん用は大人にも使える?敏感肌の女性にオススメしたい一品!

日差しの強い日が増えてきましたが、日焼け対策は十分に出来ているでしょうか? 関連

一人部屋に最適な暖房器具はエアコンじゃない!エコにオススメのスポット暖房!

一人暮らしで迎える初めての冬。暖房器具は何を考えていますか? 関連

猫ちゃん長生きの秘訣は?気づいてあげるべき病気のサイン

一昔前に比べて猫ちゃんの寿命はぐっと伸びてきています。 私が出会った最高齢のご長 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上