情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

インフルエンザ子供向け予防接種の正しい間隔は?空ける期間と接種回数の常識

   

毎年流行するインフルエンザ。

研究が進み新しいワクチンが開発される一方で、ウイルスも変化してきており、人間とウイルスとの知恵競べのようになっています。

予防接種をしていてもインフルエンザにかかることはあると言われていますが、
参考:インフルエンザの予防接種は効果ない?噂の検証!

それでも、重症化のリスクは減らせるようですので、特に子供にはしっかり予防接種を受けさせておきたいですね。

今回は、お子さんにインフルエンザの予防接種を考えている方に向けて、
・予防接種はどのタイミングで受ければ良いのか?
・接種間隔や回数は?
ということを調べてみました。

生後6ヶ月〜12歳までは2回の予防接種を!

WHOでは生後6ヶ月〜8歳(満9歳未満)までの子供は2回のインフルエンザ予防接種を推奨しています。日本ではもう少し長くて、生後6ヶ月〜12歳(満13歳未満)までの子供は2回接種を推奨としています。

これは、小さい子供は1回の接種では免疫ができにくいためだそうです。

インフルエンザの予防接種はいつから?なるべく早めの対応を!

多くの病院で、10月上旬からインフルエンザの予防接種を開始しているようです。

インフルエンザ予防接種後に免疫ができるまで2週間かかるようなので、ピーク前に対応するのがベストですね。

また、2回目のインフルエンザ予防接種までの間隔ですが、2回目は1回目から2〜4週間空けて接種することが推奨されています。できれば4週間空けるのが望ましいそうです。

間隔を空けて2回接種を行うことを考えると、予防接種が始まったらなるべく早めに1回目を受けることが理想ですね。そうすればインフルエンザの本格的な流行が始まる前に予防接種を済ませることが出来ます。

インフルエンザの予防接種は完璧ではない??

インフルエンザの予防接種は、他の予防接種と比べると効果が出にくい予防接種と言われています。

特に、乳幼児には免疫がつきにくく、予防接種をしていてもインフルエンザにかかってしまうことが多いようです。

しかし、インフルエンザに感染すると乳幼児は特に重症化しやすく、肺炎や脳炎を併発する恐れがありますし、最悪は命にかかわります。

予防接種でそうした重症化を防ぐ効果は確認されていますので、予防のためだけでなく、重症化するリスクを減らすという意味では絶対に予防接種を受けてほしいと思います。

小さいお子さんの場合は他の予防接種との計画を

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンですので、もしインフルエンザの予防接種を受けた後に他の予防接種の予定がある場合は、1週間(中6日)以上の間隔を空けて接種する必要があります。

特に乳幼児期は推奨されている予防接種がたくさんあり、スケジュールを立てるのが難しいものです。

どうしても期間がなければ同時接種というの方法もありますので、かかりつけの小児科の医師とよく相談してスケジュールを立てましょう。

小さな子供にインフルエンザの予防接種を!

世界的にも日本としても、小さなお子さんにはインフルエンザ予防接種は2回接種が推奨されています。

子どもは注射を嫌がるので病院に行っても一苦労なのですが、安心するためにも予防接種はしておきたいですね。(^^;

インフルエンザの予防接種は、病院によって接種の開始時期や予約方法が違います。中には、予約なしで普段の診療時間に接種を行っている病院もありますので、まずはかかりつけの小児科に確認をしてみてください。

  関連記事

中秋の名月を子供に説明!分かりやすく解説すると○○の日!

夏の暑さも和らぎ、お月見の季節がやってきます。 この時期に「中秋の名月」といいま …

家や部屋の湿気と原因!賢い対策方法は?

梅雨になると家中のいたる所にカビが生えてしまい悩む人も多いです。 今回は、家の中 …

冷凍したお餅の美味しい食べ方!解凍方法はレンジで良いのか?

食べ切れなかったお餅を冷凍保存している人は多いはず。 でも、そのお餅を美味しく食 …

髪の毛の乾燥を防ぐポイント!枝毛を抑える簡単な工夫とは?

冬になるとお肌だけでなく髪の毛の乾燥も気になりますよね。 関連

防災用品で最低限必要なものは?赤ちゃん連れの場合は要注意!

地震などの災害が起きた時、家族を守る為に用意しておきたい防災用品。 以前であれば …

夏場の車内温度を下げるためのオススメ対策方法!

日差しの強い夏、買い物から戻ってくると車内はびっくりするくらいの高温になっており …

去年の日焼け止めは使える?使用期限がいつまでか見極める方法

陽射しも強くなり、紫外線が気になる季節になってきました。 ちょっとそこまで出掛け …

子供に人気のそうめんアレンジで余りモノを有効活用する方法!

日本の夏の定番メニューと言えば「そうめん」ですよね。 調理も簡単で冷たくて美味し …

帰省にかかる交通費を節約して安くする方法

世間一般では年に何回くらい帰省するものでしょうか? お子さんがいる家庭では、お孫 …

チアシードはどこに売っている?販売店と価格は?

ダイエット食材として注目を浴びているチアシード。あまり聞き慣れない食材ですが、イ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上