情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

日焼け止め 1年前のものは使えるか?未開封と保管状態の関係

   

紫外線の強い今の時期の必須アイテムといえば「日焼け止め」

海へ繰り出そうと日焼け止めを探したら、去年のモノが残っていた!なんていう場合も多いのではないでしょうか。

でもちょっと気になるのが日焼け止めの消費期限について。

1年前の日焼け止めって普通に使えるんでしょうか??

気になったので調べてみました!^^

1年前の日焼け止めは使えるのか?

未開封の日焼け止めであれば問題ありませんが、開封済みの1年前の日焼け止めは要注意です。

というのも、日焼け止めは空気に触れると、どんどん酸化して効果が無くなっていきます。

また、直接手で触れてしまったり衛生的に保管できていないような場合は、そこから雑菌が進入して繁殖している可能性もあります。

こんな日焼け止めを使うと、最悪、肌荒れや肌の老化の原因になってしまうこともあるようです!

かといって、「衛生的に使用して冷暗所で保存しています!」といったケースも少ないですよね。(^^;

ですので結論としては「開封済みの1年前の日焼け止めは使わないほうが良い」と言えるでしょう。

未開封の日焼け止めであれば1年前のものでも大丈夫か?

一般的な未開封の日焼け止めであれば、3年程度は使用できると言われています。

自然派化粧品などは使用期限が短いので注意ですが、その場合はパッケージに期限が明記されていると思いますので良く確認して下さい。

1年前の日焼け止めを使ったらどうなるのか?

「危険なことはわかったが、代わりを買う時間も無いから使いたい」という場合。

この場合、まずは日焼け止めとしての効果は半分程度になっていると考えて使用して下さい。

また、いきなり全身に塗るのはリスクがあるので、足元や手の甲など、肌の強い部分に塗ってかゆみが出ないかを確認しましょう。

かなり保存状態が悪くなければ大丈夫ですが、場合によってはかぶれてしまう場合もあります。

肌の弱い方は最初から新鮮なものを使うのが良いですね。

状態の良い日焼け止めの保管方法とは?

日焼け止めの保管は、高温多湿を避けた直射日光の当たらない場所に保管することです。

また、使う際は容器の口を肌に触れさせないこと。

使用後は容器についた日焼け止めを綺麗に拭き取っておくことも重要です。

「日焼け止めは冷蔵庫で保管している」という方も多いかも知れませんが、温度差が多いと品質劣化に繋がる場合もあるようです。

日光の当たらない棚の中などで、あくまで常温での保存で大丈夫とのことです。

1年前の日焼け止め使用について/まとめ

どうしてもという場合も除いて、開封済みの1年前の日焼け止めは使わない方が良いでしょう。

高価なものを買って少しずつ使うよりも、比較的な安価な日焼け止めであってもこまめに何度も塗りなおして使うほうが効果が高いという結果もあります。

この夏の日焼け止め購入の参考にして下さい!^^

  関連記事

アパートの台所が寒すぎるので簡単に出来る対策を調べてみた!

アパートの台所が本当に寒くて困っています! 関連

エアコンのドライと冷房?湿気対策に効果的なのはどっち!?

じめじめした時季になるとエアコンをつけて除湿する人も多いでしょう。 ここで疑問な …

クーラー病・夏バテ・熱中症の違いと原因まとめ

夏場になると、何だかダルくてイライラして体調が悪くなる。これはクーラー病?夏バテ …

日焼け止め 赤ちゃん用は大人にも使える?敏感肌の女性にオススメしたい一品!

日差しの強い日が増えてきましたが、日焼け対策は十分に出来ているでしょうか? 関連

ネクタイ結び方 葬式や結婚式での知っておきたいルール

普段、何気なく身に着けているネクタイ。 ネクタイの結び方って、 何種類知っていま …

コタツのメリットはデメリットを超える!狭いワンルームには絶対オススメの使い方

冬の暖房にコタツはいかがでしょうか? 関連

チアシードはどこに売っている?販売店と価格は?

ダイエット食材として注目を浴びているチアシード。あまり聞き慣れない食材ですが、イ …

会社で出来る足元の寒さ対策!靴下以外にもある簡単な温めワザ!

オフィスの暖房は、顔だけが熱くて足元が冷たい! 冷え性に悩む女性は、この足元の冷 …

静電気を防ぐ方法を試してみた!車から降りるときのバチッを何とかしたい!

冬になり空気が乾燥してくると発生する静電気。ふとした時にビリリときて、嫌な思いを …

余ってしまいがちなそうめんを有効利用する簡単な方法

暑い夏に食べたくなるそうめんですが、味が単調になりがちで、悩みも多い存在ですね。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上