情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

浴衣の洗い方 手洗いでも自宅で簡単に出来る方法

   

花火大会やお祭りなど、浴衣が活躍する季節になりました。

浴衣を着て外出しても、この時期はすぐに汗をかいて汚れてしまいますね。

といっても毎回クリーニングに出していてはお金も馬鹿になりません。

でも大丈夫。

浴衣って、意外と簡単に手洗いでメンテナンス出来るんですよ?^^

今回は、浴衣を手洗いする場合の洗い方や、お気に入りの浴衣を大切に保存するためのたたみ方や乾かし方をまとめました。

浴衣の手洗いの前に用意すること

浴衣は浸け置きして洗いますのでその準備をしましょう。

・液体の中性洗剤
粉末洗剤よりは、水に溶けやすい液体洗剤がオススメです。

絹やウールのような動物性繊維で作られた浴衣は、アルカリ性の洗剤では変色したり生地を傷めてしまう恐れがあります。

お洒落着用の中性洗剤があると良いですね。

・バケツや洗面器
浴衣を浸け置き洗いするには比較的大きめの容器が必要になります。

浴衣の手洗い方法

浴衣の洗い方についてまとめます。

デリケートな浴衣を洗うには事前準備が必要ですので、その点も注意して下さい。

1.手洗い前に浴衣をたたむ

まずは型崩れしないように、浴衣をたたんでから洗います。

<手洗い前の浴衣のたたみ方>
1.浴衣の背中の真ん中で半分に折り左右の外袖を重ね、更に袖を根元でたたみます。
2.真ん中から更に半分に折りたたみます。
3.更に真ん中から半分に折りたたんでください。

これで手洗い前の折りたたみは完成です。

2.浸け置きの準備

用意したバケツや洗面器に水をはり、洗剤を少量入れましょう。

洗剤はたくさん入れたほうが良いように思いますが、あまりに濃いと浴衣を傷めてしまうので、少量で大丈夫です。

ここにたたんだ浴衣を浸けて、30分~1時間待ちましょう。

こちらも長時間浸けたほうが汚れが落ちそうな気もしますが、あまり長時間だと生地を傷めますのでこのくらいの時間で大丈夫です。

3.手洗いする

浸け置きした浴衣を優しく手で押し洗いしましょう。

ゴシゴシとこすると生地が傷むので、派手な汚れが無い限りは優しく押し洗いで大丈夫です。

どうしても落ちないような汚れはクリーニングに出すのが適切ですね。

4.仕上げ

洗い終わったら、水を新しくしながらもみ洗いして洗剤を洗い流しましょう。

最後に脱水ですが、ここは洗濯機を使うのが裏ワザです。

ネットに入れて2~3分洗濯機で軽く脱水すると、簡単に水を切ることが出来ますよ。

手洗いした浴衣の乾かし方

手洗いした浴衣はしっかりシワを伸ばし、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。

型崩れを防ぐために、袖を伸ばしたり、形はしっかりと整えて干します。

色落ちや痛みの原因になるので、直射日光に当てて乾かすのはやめて下さい。

手洗いした浴衣の片づけ方

最後にしっかりと保管するための片付け方です。

1.シワが残らないようアイロンをかけて伸ばします。

2.本畳みで綺麗に片付けます。
詳しい浴衣のしまい方については、こちらの記事を参考にして下さい。
参考:自宅での浴衣 洗濯の仕方は?初めてでも安心の手順 完全版!

3.帯は巻いてしまうか、ふんわりとたたみます。

4.最後に、湿気や防虫対策のため、新聞紙やキッチンペーパーを入れましょう。

自宅で簡単に出来る浴衣の手洗いまとめ

大切な浴衣を長く使うためにも、しっかりと保管しておきたいですね。

慣れてしまえば意外と簡単に自宅でも洗濯できますので、是非試してみて下さい。^^

・浴衣を洗濯機で洗う方法はコチラ☆
浴衣の洗い方 洗濯機でのコツは?手洗いが面倒な場合もコレで大丈夫!

  関連記事

寒さ対策で窓に気泡シートは本当に効果あるのか!?正しい貼り方を調べてみた

「冬の寒さ対策には窓に梱包材の気泡シートを貼ると良いよ!」と聞きました。 関連

機能性表示は何のために導入された?目的と抱える問題点は?

2015年春から順次導入される機能性表示。トクホなどの性能表示があるにもかかわら …

髪の毛の乾燥を防ぐポイント!枝毛を抑える簡単な工夫とは?

冬になるとお肌だけでなく髪の毛の乾燥も気になりますよね。 関連

熱中症の頭痛の治し方はこれがポイント!

昨今は毎年夏になると熱中症のニュースが頻繁に流れますね。 関連

お餅の保存とカビが生えたお餅の対処方について!おばあちゃんの知恵袋

お正月に実家からたくさんもらったお餅。冷蔵庫で保存しておいたのに、気づいたらカビ …

仙台土産の定番以外で絶対オススメ!ちょっと外した銘菓を厳選しました!

「仙台土産」と言えば何を思い浮かべるでしょうか? 関連

静電気を防ぐ方法を試してみた!車から降りるときのバチッを何とかしたい!

冬になり空気が乾燥してくると発生する静電気。ふとした時にビリリときて、嫌な思いを …

カビと湿気の原因とは?根本的な対策は?

カビに悩まされる人が多くいる傍ら、特にカビの悩みを感じたことが無い人がいるのも事 …

エアコンのカビが気になる!クリーニングと除去方法のまとめ!

夏場になりエアコンをつけようと思ったら、送風口の羽に黒い斑点が…。 また、いざつ …

赤ちゃんの紫外線対策はどうする?気になる方法と大人顔負けのUVケアとは

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は柔らかくてぷるぷるで、本当に羨ましいものです。いつ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上