情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

ネクタイの結び方 長さ調節が上手くいかない場合のオススメ!

   

ネクタイをしている人の80%は、
1種類の結び方しか知らないんだそうです!

ネクタイはそれぞれ、
素材や生地の厚さが違うので、
結び方も毎回調整が必要になるはずなんですが、
結び方を知らないために上手くいかない人も、
とっても多いようですね。

今回は、
特に長さ調節が上手くいかない人に、
いろいろなネクタイの結び方をご提案します!

ネクタイの長さ調節が苦手で両端のバランスが合わない!

いざネクタイを結んでみるけど、
毎回長さ調整が上手くいかない!
両端をどこでそろえればバランスが取れるか分からない!

これはネクタイを着け初めの場合に、
特に多い悩みです。

まず、
ネクタイは素材や生地の厚さによって、
同じ結び方でも、
結び目が小さくなったり大きくなったりするため、
調整が必要になります。

まずは自分の一番良く使うネクタイで、
一番良いパターンを覚えましょう。

生地が薄く柔らかいネクタイは、
プレーンノットだと結び目が小さくなります。
ダブルノットにするなどして調整しましょう。

逆に、
生地が厚く硬いネクタイでは、
ウィンザーノットダブルノットでは、
結び目が大きくなりすぎてしまいます。

自分のネクタイの素材にあった結び方を、
まずは出来るようになりましょう。

ちなみに、
万能で綺麗な結び目が出来るのは、
セミウィンザーノットと言われています。
これだけ覚えている人も多いです。

特にこだわりがない場合は、
セミウィンザーノットだけ覚えておくのもオススメですね。

ネクタイの長さを上手く調節する!

まずは普段使うネクタイで、
ベストな長さを覚えましょう。

ネクタイを首に回して、
大剣と小剣の長さを調整します。
胸の前で重ねたときに、
生地の継ぎ目がどの辺りにくるか
覚えておくと良いでしょう。
一度覚えておけば毎回目安になります。

管理人の場合は、
いつものネクタイだと、
ちょうど継ぎ目に合うように重ねるとちょうど良いので、
毎回ここを目印に長さ調整しています。(^^;

何度か練習すれば覚えられると思いますが、
初心者の場合は参考にして下さい。
>>ネクタイの結び方の基本パターンを動画で紹介!

ネクタイの長さを調整したい!短くしたい!

何度結んでも長さが短くなるので、
長くなるよう調整したい!

結び目が小さくなってしまうので、
何とか上手く結びたい!

こんな悩みをよく見かけますが、
これも、
結び方を一つしか覚えていないため
上手く調整できていないんですね。

特にネクタイを変えたときに、
いつもの結び方でやると上手くいかない、
という場合が多いです。

何度も言いますが、
ネクタイ自身の材質や生地の厚さによって、
同じ結び方でも出来上がりが変わってきます。

いつもプレーンノットをしていたのに、
新しいネクタイにしたら結び目がすごく小さくなる!

これは、
新しいネクタイが薄くやわらかい素材の可能性があります。
そのため、
結び目が大きくなる、
ダブルノットやウィンザーノットに変えるなどして、
綺麗になるように調整しましょう。

ネクタイの長さはどこに合わせればよいか?

ネクタイの長さをどこに合わせればよいか、
意識できていない人は意外に多いです。

ネクタイは、
ベルトのバックルにかかるくらい
が適切な長さです。

それを超えて長すぎると、
とてもだらしなく見えてしまいますね。

また、短すぎると、
とても違和感があります。
人によっては、
お洒落であえて短くしている場合もありますが、
少なくとも、
ビジネスシーンでは控えたほうが良いでしょう。

この適切な長さに調整できるためにも、
ネクタイに合わせて、
複数の結び方が出来るようにしておくと、
心強いですね!^^

ネクタイの結び方と長さ調節のコツまとめ

いかがだったでしょうか。

まずは練習してコツを覚えるしかないですが、
それにプラスして、
結び方をいくつか知っているだけで、
ぐっと上手くいくことがあります。

ネクタイの種類に応じて、
調整出来ると素敵ですね!^^
是非試してみて下さい。

・ネクタイの結び方についての記事はコチラ☆
>>ネクタイの結び方の基本パターンまとめ!
>>ネクタイ結び方 葬式や結婚式での知っておきたいルール

  関連記事

インフルエンザの予防接種は効果ない?噂の検証!

インフルエンザは毎年12月頃から増えてきて、1月2月にピークを迎えます。 運悪く …

2段ベットの下がびしょびしょに!?湿気理由と効果的対策まとめ!

2段ベットを設置してみてしばらくすると、下の段の布団だけが湿気でびしょびしょにな …

夏バテでご飯が食べれない時の対処法は?治し方のコツ!

毎年暑くなると、夏バテしてご飯も食べれなくなってしまうという人も多いですよね。今 …

車の紫外線対策まとめ!赤ちゃんのために出来ることと便利グッズいろいろ

太陽が照りつける季節は肌の弱い赤ちゃんの紫外線対策も気になってきますよね。 特に …

忘年会の余興 練習なしで女性でも簡単に出来るアイデアは!?

会社の忘年会に欠かせないのが余興です。でも苦手な人も多いのではないでしょうか。。 …

法定12ヶ月点検は強制?受けないとどうなる?

先日、車の法定12ヶ月点検の案内が届きました。ディーラーさんに遅れても良いか訪ね …

セルカレンズの選び方は?メリットとデメリット一覧!

最近話題のセルカレンズって知っていますか?? 流行の自撮り棒の欠点を全て解消して …

ネクタイピンは必要?ビジネスマナー違反にはならないか?新社会人の常識

新社会人の準備のため、新しいスーツを用意している人も多いでしょう。リクルートスー …

防災グッズの見直しを定期的にする工夫!いざという時に本当に必要なモノは?

ここ何年かの間に、豪雨、突風、竜巻などの被害を聞くことが日本でも増えてきましたね …

アパートの台所が寒すぎるので簡単に出来る対策を調べてみた!

アパートの台所が本当に寒くて困っています! 関連

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上