情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

焼き芋のカロリーってどのくらい?実はダイエットにも適した食材!

   

秋になると焼き芋の美味しい季節。

あのホクホクでしっとり濃厚な甘みは、いくらでも食べられる美味しさですよね!^^

そうなると気になるのが焼き芋のカロリー。(汗)

毎日食べたい焼き芋ですが、実は高カロリーで太る!!なんていうことにならないか心配になったので、焼き芋のカロリーについて調べてみました。

すると、実はダイエットにも使える食材ということが分かったんです!^^

焼き芋のカロリーってどのくらい?

焼き芋150gのカロリーは約240kcalと言われています。

ご飯1杯(140g)のカロリーは235kcalなので、150gの焼き芋を食べれば大体同じくらいですね。

焼き芋150gといえば、一般的なハーフカットの焼き芋をイメージすれば良いでしょうか。結構なボリュームがあります。

焼き芋は栄養もたっぷりでダイエット向きな食材!

焼き芋は腹持ちも良く、イモ類なので炭水化物も含まれており、エネルギー補給としては申し分ありません。

サツマイモ自体は本当に栄養が豊富で、
・抗酸化作用と老化防止効果があるビタミンC
・高血圧や骨粗しょう症にも効果があると言われているカリウム
・貧血を予防してくれる鉄分
・脂肪燃焼のサポートをしてくれるビタミンB2
などなど、いろんな栄養を摂取できます。

また消化吸収も穏やかでエネルギー効率も良く、豊富な食物繊維でお腹の調子も整えてくれるという。

実は、ご飯と比べて、とてもダイエット向きの食材なんです!!

ただ、欠点は甘いこと。

これが我慢というか気にならないのであれば、ご飯の代わりを焼き芋に置き換えるダイエットはとても効果的なんだそうです。

モチロン炭水化物も栄養もしっかり入っているので、食べ過ぎればダイエットにはならないので注意が必要です。(^^;

自宅で簡単に美味しい焼き芋を作る!

サツマイモ自体は年中手に入れることが出来ますし、季節になれば本当に安価に入手することが出来ます。

秋のこの季節は焼き芋を楽しみたい!という人は、ご飯の変わりに焼き芋を置いて、ダイエットも秋の味覚も楽しんでしまうというのもいいですね。

そうなると、美味しい焼き芋を家で作りたい。

家で焼き芋なんて面倒じゃないかなと敬遠しがちですが、一度やってしまうと簡単に作ることが出来るんですよ!

魚焼グリルで作る

魚焼グリルを使うのを敬遠してしまう人もいますが、焼き芋作りでは油も落ちず、面倒な手間はかかりません。

サツマイモをよく洗って軽く濡れたままアルミホイルに包み、それを魚焼きグリルに入れて弱火で30分ほど焼きます。
その後、火を消して10分ほど蒸らしたら出来上がり。

これだけで簡単に美味しい本格焼き芋が出来ます!

電子レンジで作る

電子レンジの場合は、サツマイモをよく洗い、濡れた状態のままラップに包みます。

加熱しても破裂しないように、ラップも一緒にサツマイモの皮に穴を空けましょう。爪楊枝で数箇所プチプチと。

その後、200wで15分ほど加熱するとホクホクな焼き芋が出来上がります!

焼き芋というより蒸し芋ですが、中身の濃厚の甘みは変わりませんよ。^^

オーブントースターで作る方法

サツマイモを良く洗って水気を取ったら、そのままオーブントースターに入れて15分焼きます。

その後ひっくり返して同じく15分ほど焼きます。これだけで焦げ目しっかりの焼き芋が出来ます!

皮目のパリパリを楽しみたいという人はコチラがオススメですね。^^

ダイエットの隠れた味方!焼き芋でカロリーも抑える!

自宅でも簡単に作れる焼き芋。

調べれば調べるほど、栄養素も豊富でダイエットにもぴったりということが分かりました。

といっても、もちろん食べすぎはNGですので、上手く利用するように心がけましょう!^^;

  関連記事

日焼け止め 赤ちゃん用は大人にも使える?敏感肌の女性にオススメしたい一品!

日差しの強い日が増えてきましたが、日焼け対策は十分に出来ているでしょうか? 関連

熱中症対策グッズの売れ筋2015!オススメ商品を総まとめ

暑くなり熱中症が心配な季節になってきましたね。 関連

カビと湿気の原因とは?根本的な対策は?

カビに悩まされる人が多くいる傍ら、特にカビの悩みを感じたことが無い人がいるのも事 …

防災用品 女性にオススメの持ち歩きが簡単で手軽なグッズ一覧

自宅に防災用品を用意していればそれで十分でしょうか? 災害に遭遇する場合は、自宅 …

赤ちゃんに紫外線対策の帽子選び!絶対日焼けをさせない外遊び用のオススメは?

大人に比べてまだまだ皮膚が弱い赤ちゃん。 夏も本番になると、赤ちゃんの紫外線対策 …

髪の毛の乾燥を防ぐポイント!枝毛を抑える簡単な工夫とは?

冬になるとお肌だけでなく髪の毛の乾燥も気になりますよね。 関連

浴衣の洗い方 手洗いでも自宅で簡単に出来る方法

花火大会やお祭りなど、浴衣が活躍する季節になりました。 関連

トイレトレーニング 世間の平均はいつから?上手く乗り切るコツとは?

子育てに奮闘中のママさんは、成長していく我が子を見て愛しいと思いつつも、毎日が分 …

お餅の保存とカビが生えたお餅の対処方について!おばあちゃんの知恵袋

お正月に実家からたくさんもらったお餅。冷蔵庫で保存しておいたのに、気づいたらカビ …

赤ちゃん水遊びの服装は何を着せるのが良い?

暑い季節になってきましたね! あかちゃんもたっぷり汗をかくこの季節、水遊びをさせ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上