情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

赤ちゃん水遊びにオススメの服装と注意点まとめ

   

暑い季節になりましたが、一日中クーラーの効いた部屋にこもってばかりでは赤ちゃんも体調を崩してしまいますね。

そこでオススメなのが「水遊び」です。

自宅や公共の場などで赤ちゃんを水遊びをさせるときにはどのような服装がいいのでしょうか?
初めて赤ちゃんに水遊び体験させる初心者ママのためにまとめてみました。^^

赤ちゃんが初めて水遊びデビューする場所

まずは、赤ちゃんの一般的な水遊びデビュー時期場所についてみていきましょう。

紙おむつを使用している赤ちゃんを対象としたアンケート結果です。

<初めての水遊びの年齢>
1位:6ヶ月~1歳未満(22%)
2位:1歳代(16%)
3位:3ヶ月~6ヶ月(6%)
4位:2歳代(2%)

<初めての水遊び場所>
1位:ビニールプール(59%)
2位:プール、噴水公園の水遊び場(11%)
3位:スイミングスクール(6%)

赤ちゃんの水遊びデビューは、お座りができるようになる6ヶ月くらいが最も多いようですね。

また、水遊びの場所は、自宅でビニールプールを使うというのが最も多かったです。

その他には、場所が無かったり後片付けが簡単という理由で、湯船やベビーバスを使用する人もたくさんいました。

水遊び用のおむつが安心

水遊びをさせるなら、おむつに関しては水遊び用の物を使用する事をおすすめします。

普通の紙おむつは水を含んでしまうとパンパンに膨らんで重たくなってしまい、水遊びには向かないからです。

<水遊び専用おむつを使用する理由>
・水を吸っても膨らまないので子どもが動きやすい
・汚れたらそのまま捨てられて処理が簡単だから
・泳いでいる時にうんちが出ても安心だから
・プールに入るには使用が義務付けられているから
・水着や下着を汚したくなかったから

特に、オムツがまだ外れていない赤ちゃんの場合は、水遊びの時もオムツが必要になります。

上記のような理由があり普通のオムツでは対応が難しいので、しっかりと、水遊び用のオムツを使用するようにしましょう。

赤ちゃん水遊びには基本は水着で!

自宅や公園などで水遊びする際は薄手の服でも構わないと思いますが、普通の洋服は水に濡れるとどうしても重くなってしまうので赤ちゃんも動きにくくなります。

また、べったりと張り付き不快に感じたり、乾きにくい服であれば体温を奪って寒く感じたりすることもありますので、そういった意味でも、基本的には水着を着用するのが良いでしょう。

最近は可愛いデザインのものがたくさんありますが、紐のついた水着などは簡単に外れてしまったり、遊んでいるうちに紐がほどけて絡まったりする危険もありますのでご注意ください。

また、水着以外を使用する際は、
・濡れても重くならないもの
・乾きやすい素材のもの
を選びましょう。

デニム素材のものは濡れるととても重くなりますが、ナイロンや水着に近い素材のものなどは乾きやすいです。自宅であれば水遊び用のおむつにTシャツのような簡単な服装でもいいかもしれないですね。

水遊びの注意点

水遊びをさせる時の注意点にはどのようなものがあるでしょうか?

まず、屋外での水遊びは気温が25℃以上の天気の良い日がおすすめです。真夏日のような炎天下のときはさすがに暑すぎるかもしれませんが、風が強い日などは25℃でも寒く感じることがありますので避けた方が良さそうです。

気温が高いときには日陰を選んで遊ばせるといいですね。水遊びの後は体が冷えていることもありますので、ぬるま湯のシャワーで汗を流し、バスタオルでしっかりと体の水分を拭き取りましょう。

また、汗をたくさんかいていますので水分補給も忘れずに。そのあとにゆっくりお昼寝をさせてあげることも大事です。

赤ちゃんの水遊び服装まとめ

私も子どもの頃庭にビニールプールを出してよく水遊びをしていました!^^

川やプールに行くには手間がかかったり危なかったりしますが、自宅だとそのような心配がなかったため親も安心だったと思います。

赤ちゃんが安全に遊ぶことができるようにしっかり準備をして水遊びデビューさせてあげてください。

  関連記事

渋滞時に子供の暇つぶしオススメ遊び一覧!スマホ一つで楽しめる?

大人だけでも気が滅入る渋滞の時間つぶし。 子供が一緒の時の渋滞は、それ以上に時間 …

ネクタイの結び方 長さ調節が上手くいかない場合のオススメ!

ネクタイをしている人の80%は、 1種類の結び方しか知らないんだそうです! ネク …

年賀状の挨拶文に気の利いた一言で会社上司や先輩の印象アップを!

会社の上司や先輩への年賀状は、友人に送るものとは違って内容に気を遣うものです。 …

髪の毛の乾燥を防ぐポイント!枝毛を抑える簡単な工夫とは?

冬になるとお肌だけでなく髪の毛の乾燥も気になりますよね。 関連

うなぎ価格の推移と相場!価格高騰の原因と2015年はどうなる?

土用の丑の日はうなぎを食べようと思っている人も多いのではないでしょうか? そこで …

防災用品で最低限必要なものは?赤ちゃん連れの場合は要注意!

地震などの災害が起きた時、家族を守る為に用意しておきたい防災用品。 以前であれば …

卒園式のパパはどんな服装がベストか調べてみた

子供の卒園式の服装。 母親の服装は調べるといっぱい口コミがあるのに、父親の服装っ …

猫ちゃん長生きの秘訣は?気づいてあげるべき病気のサイン

一昔前に比べて猫ちゃんの寿命はぐっと伸びてきています。 私が出会った最高齢のご長 …

お餅の保存とカビが生えたお餅の対処方について!おばあちゃんの知恵袋

お正月に実家からたくさんもらったお餅。冷蔵庫で保存しておいたのに、気づいたらカビ …

帰省時は車で長距離運転になる場合 赤ちゃんのために注意したいことまとめ

長期休暇になり、実家への帰省を検討している方も多いと思います。 関連

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上