情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

スノーボードを始める費用を初心者に分かりやすく!レンタルと徹底比較!

   

冬になると「スノーボードがしたい!」とうずうずしている人たちの声が多く聞こえてきます。

あまりにも楽しそうに語るので、聞いているこっちも気になってきますよね。(^^;

未経験の方でも、「ちょっと興味あるな…」と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はそんな方に向けて、スノーボードを始めるには何が必要で、初期費用はいくらくらいかかるのか?をまとめてみました。

スノーボードを始めるために必要なモノ

スノーボードを始めるために必要なものは何があるでしょうか?

スノーボードウェア

もちろんレンタルもありますが、ウェアは自分のお気に入りを購入したいですね。

値段はピンキリですが、上が3万円下が2万円程度がベースになるでしょうか。シーズンオフには上下セットで19,800円!などセールしている場合もあるので、来年に向けてそういったものを購入するのもお得ですね。

スノーボード(板)

こちらもかなりピンキリです。まずはレンタルが良いすね。マイボードはハマッてからの憧れです。

購入する場合良いものを買うと板だけでも5万円以上になります。もちろん1~2万円程度の安いものもあります。

ブーツ

実は板やウェアよりも、ブーツが重要だと語るベテランさんは多いです。

「ココだけはケチらずに、自分の足に合った快適なブーツを選ぶべきだ!」と。ただしこちらもピンキリで、ブーツだけで5万円以上もざらです。(^^;

グローブ

手袋のことです。初心者の場合、何度も転んでしまうので、値段だけで安いものを選んでしまうと耐水性が心配になるようです。

数千円~1万円弱程度までありますが、あまり最安値を選ばないようにしたいところ。

バインディング(ビンディング)

これは、スノーボードの上にブーツを固定するための金具のことです。

バインディングにもランクがあって、実はこれがかなり高くなってしまいます。単体で買うと2万円~5万円程度が相場でしょうか。安いものであれば板との2点セットで39,800円!といったものもあるので、初期の頃はそれを選ぶのも良いでしょう。

ビーニー

帽子のことです。ここは余り値段関係なく、自分の好みの物を選べば良いですね。

ゴーグル

ゴーグルは意外と使う機会が多いです。長く使えることも考えて最初に良いものを買ってしまうのがオススメ!という意見も多くありました。

リーシュコード(流れ止め)

初心者には必須と言われているアイテムです。

転んだ拍子にボードが外れ、ボードのみ勝手に滑って流れていくのを阻止するためのもの。思わぬ事故を防ぐため、初心者のうちは必ずリーシュコードをつけましょう。メーカーによっては、バインディングの付属品としてリーシュコードがついてくることもあるようです。

ワックス

雪とボードとの摩擦を減らし、ボードの滑りを良くするために必要なのがワックスです。

ボードを自分で購入した場合は、お手入れまでしっかり自分でやる必要があるので必須ですね。

暖かいインナー

ウエアの下は何を着たら良いのでしょうか?

上半身:
下着→暖かいインナー→薄手のロングTシャツ→スウェット→ウェア
下半身:
下着→暖かいインナー→スウェット→ウエア

こんな感じが基本です。

暖かいインナーは最近であればヒートテックが有名で、評判も良いですね。また、スウェット部分は普通のジャージの方もいれば、専用のものを着ている方もいます。寒がりの方はインナーとスウェットの間に何枚も重ね着することが多いです。

リフトパスケース

意外と忘れがちなリフトパスケース

ウェアに専用のポケットが標準装備の場合もあるので確認しておきましょう。

スノーボードに必要なモノを一式揃えると全部でいくら?

ウエア、ボード、ブーツは選ぶものによってだいぶ価格に差がでますが、一式を揃えるどの程度になるでしょうか?お得なプランで計算してみましょう。

ウェア上下:29,800円
ボード3点セット:39,800円
その他小物:19,800円

合計:約90,000円!

ボードは板+ブーツ+バインディングの3点セットの安いものを選びます。そこに、ヒートテックインナーや靴下など諸々を購入したら、初期費用としては10万円程度は見込むべきでしょう。

なかなか大きな買い物ですよね。(^^;

スノーボードのレンタルはいくらぐらい?

それではレンタルはどうでしょうか?スキー場によってまちまちではありますがレンタル料金を調べてみました。

ボード3点セット:¥4,000〜5,000/日
ウエア上下 :¥3,000〜4,500/日

ボードとウェアをレンタルで1日約1万円になります。

年に何回も行く予定の方は、初期費用こそかかってもマイボードとマイウエアを持参した方がお得ですね。

ただし、ボードにはまるかどうかはやってみないと分からないので、最初の1~2回はレンタルで試してみるのが鉄則でしょう。ゴーグルなどは経験者にお願いすると借りれたりもするので聞いてみるのも手ですね。^^

スノーボードにかかる初期費用/まとめ

自分で揃えると、安くても10万円程度になってしまうスノーボードの初期費用。

もちろん1回ではなく数年間使うと思って割ればそこまで高くないのも分かるのですが。やはり最初に一式買おうとするとかなりの出費になります。(^^;

ただ、それでも今回は一番安い方での計算です。デザイン性やブランドを重視すると、まだまだ上があるのがすごいですね。。

  関連記事

熱中症は頭痛の症状を感じたら要注意!対策や直し方のコツは?

暑い夏!少し無理をしただけで、体調が悪くなってしまうことがしばしば。 いわゆる「 …

2段ベットの下がびしょびしょに!?湿気理由と効果的対策まとめ!

2段ベットを設置してみてしばらくすると、下の段の布団だけが湿気でびしょびしょにな …

忘年会の余興 練習なしで女性でも簡単に出来るアイデアは!?

会社の忘年会に欠かせないのが余興です。でも苦手な人も多いのではないでしょうか。。 …

冬場の髪の毛の乾燥対策!シャンプー以外に気を使う5つのポイント【40代】

40代にもなると髪の水分量も低下してきて、特に乾燥する冬の時期は髪の毛のパサパサ …

トイレトレーニング 世間の平均はいつから?上手く乗り切るコツとは?

子育てに奮闘中のママさんは、成長していく我が子を見て愛しいと思いつつも、毎日が分 …

乾燥のかゆみに有効な対策!少し変えただけで改善した私の事例

冬になると気になるのがお肌の乾燥です。 関連

オフィスの足元暖房が生まれ変わる!電気を使わないで暖める方法

冬場のオフィスは空調が悪くて足元は寒くなりがち。特に女性の方にはツライ時期になり …

一人部屋に最適な暖房器具はエアコンじゃない!エコにオススメのスポット暖房!

一人暮らしで迎える初めての冬。暖房器具は何を考えていますか? 関連

機能性表示は何のために導入された?目的と抱える問題点は?

2015年春から順次導入される機能性表示。トクホなどの性能表示があるにもかかわら …

ネクタイピンは必要?ビジネスマナー違反にはならないか?新社会人の常識

新社会人の準備のため、新しいスーツを用意している人も多いでしょう。リクルートスー …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上