情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

赤ちゃんと水遊びする場合の注意点まとめ!オムツ対策はしっかりと!

   

暑さも強まり、水遊びが楽しい季節になりましたね!^^

今年は赤ちゃんと水遊びしたい!と思っていても、未経験のことで戸惑っているママさんも多いと思います。今回は、赤ちゃん水遊びの適齢期や注意点についてまとめてみます。

赤ちゃんと水遊びはしても良い?

暑い夏、赤ちゃんと水遊びすることはとってもオススメです!

クーラーの効いた部屋にずっといるのは気分的にも良くないですよね。水遊びはやってみると、意外と楽しんでいる赤ちゃんが多いものです。夏場であればあせも対策にもなりますね。元気に動けるのであれば積極的に外に出してあげて、刺激をいっぱいあげて下さい!^^

赤ちゃんの水遊びはいつから?

基本的には首が完全にすわったら水遊びをさせても大丈夫と言われています。本格的な水遊びは、首が据わって、一人でのおすわりが安定してからが良いでしょう。6~7ヶ月くらいを目安としているママさんが多いでしょうか。

それより小さい場合でも、しっかりと抱っこした状態で水の感触を楽しませることも出来ます。でも、やはり、おすわりが安定してからのほうが何かと安心ですね。

あるアンケートでは、初めての水遊びについて以下のようなデータがありました。

<水遊びデビューはいつか?>
3ヶ月~6ヶ月: 7%
6ヶ月~1歳 :22%
1歳~2歳  :16%
水遊び未経験:53%

水遊びをしていない赤ちゃんも半分以上います。それでも、簡単な水遊びであれば、3ヶ月~1歳の間に始める赤ちゃんも多いですね。

赤ちゃんの水遊びはどこでする?

オムツが外れていない赤ちゃんの場合は、公共の施設は基本的にNGです。自宅の庭やベランダビニールプールやベビーバスを使って遊ぶ人が多いです。60%以上が水遊びデビューは自宅などのビニールプールだそうです。ビニールプールが難しい場合は浴槽にぬるま湯をためての水遊びでも良いでしょう。

赤ちゃんの水遊びの注意点

赤ちゃんと水遊びする場合の注意点はたくさんあります。

・日焼け止めをしっかりと塗る
・日傘やパラソルで日陰を作る
・水量は座って太ももが隠れるくらい
・気温+水温=50度の法則
・30分遊べば十分ヘトヘト

特に、外で遊ばせる場合は日焼け熱中症には十分注意して下さい。日陰にプールを設置したり、パラソルなどでしっかりと日陰を作ることを徹底しましょう。

また、20~30分程度の水遊びだとしても、日焼け対策はしっかりとして下さい。赤ちゃんの肌はとても紫外線に弱いです。日焼け止めは初めて塗るとかぶれる場合もあるので、事前に大丈夫か確認しておくと良いですね。

オムツはどうする?

オムツが外れていない赤ちゃんの場合はどうすれば良いのでしょうか?

家の庭やベランダでする場合はすっぽんぽんでも良いですが、他の人から見える場合はマナーとしてオムツをつけるのが無難です。

通常のオムツでは水を吸い込んでパンパンになってしまうので使えません。水遊び用のオムツがあるので購入してみてはいかがでしょうか。ほとんど膨らまない代わりに、おしっこなどもあまり吸いません。ウンチをしっかりガードするための機能です。

一人で遊ぶ場合は心配しなくても良いですが、友人の赤ちゃんと遊ぶときなど、意外とウンチやおしっこをしてしまい大変なことになります。水遊び用オムツをしているとそういったことも減り対処が簡単で良いですね。

赤ちゃんと水遊びまとめ

水遊びをしてみると、赤ちゃんでもとても楽しそうに遊びます。じょうろなどあれば楽しそうにずっと遊んでいますよ!そして遊び終わった後は本当に疲れるのかぐっすりお昼寝してくれます。やってみたいけどためらっている人は是非試してみて下さい!^^

  関連記事

七五三のプレゼントで女の子に喜ばれるモノは何だろう?流行のオススメ

かわいい姪っ子の成長のお祝いに、「七五三は何かプレゼントを贈りたい!」と思う人は …

自転車通勤の紫外線対策に快適で効果的な方法を一覧で!

自転車通勤の人には、暑さに加え紫外線も気になる時期になってきましたね。 関連

渋滞時の過ごし方!助手席のアナタに出来る気が利くイライラ解消方法

長期休暇や行楽シーズンなどは40km近い渋滞になるところもしばしば。 楽しかった …

浴衣の洗い方 色落ちさせない基本の手順 

浴衣を着てイベントに繰り出したい季節になりましたね! 夏祭りや花火大会など、浴衣 …

防災グッズの見直しを定期的にする工夫!いざという時に本当に必要なモノは?

ここ何年かの間に、豪雨、突風、竜巻などの被害を聞くことが日本でも増えてきましたね …

ふるさと納税 サラリーマンは損をする?どのくらい儲かる?

「ふるさと納税」という制度をしっているでしょうか? 最近になって認知度も広がって …

浴衣 女の子用の着崩れしない着付け方法!浴衣よりもオススメな衣装はコレ

夏祭りの季節になると、女の子を持つ親なら我が子に浴衣を着せたくなりますよね! 関 …

子供に人気のそうめんアレンジで余りモノを有効活用する方法!

日本の夏の定番メニューと言えば「そうめん」ですよね。 調理も簡単で冷たくて美味し …

夏野菜カレー!ナスの切り方と入れるタイミング完全版!

暑さが厳しくなってくると、食欲もなくなってしまい、すっかり夏バテ気味といった人も …

帰省にかかる交通費を節約して安くする方法

世間一般では年に何回くらい帰省するものでしょうか? お子さんがいる家庭では、お孫 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上