情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

お餅の保存方法 冷凍するときの注意点と気になること!

   

お正月にもらった大量のお餅。短期間で食べきるのはなかなかキツいんですよね。

ところで。お餅ってどうやって保存すれば良いかご存知でしょうか?

長期保存の手段としてまず思いつくのは「冷凍」ですが、お餅は冷凍しても大丈夫なのでしょうか?

そこで今回は、お正月に余りがちなお餅について、
・お餅は冷凍保存して大丈夫なのか?
・美味しく食べるための解凍方法は?
などなど、ちょっと気になるお餅の保存方法について注意点をまとめてみました。

大量に余ったお餅は冷凍保存できるのか?

まず、お餅の保存方法として「冷凍」は正しい方法です。

ただし長期間の保存は水分や風味が損なわれるので良くないです。これは他の食材とも一緒ですね。

一応、適切な保存期間としては半年程度が目安となるようです。「数年前の冷凍お餅を食べたけど美味しかった!」という書き込みも目に付くことが多いですが、、あまり真似しないほうが良いですね。(^^;

お餅のためのオススメ冷凍方法

それでは正しい冷凍保存の方法はどうでしょうか?

もちろん、素肌のまま入れるのはNGです。ラップで巻けば?というのも半分正解。ただし、ラップだけではどうしても包装がゆるくなったりして、空気に触れてしまうことがあります。

正しい保存方法としては、
・個別にラップに包んで、
・それをビニール袋にまとめ、
・ジップロックで封をする!
という方法がオススメです。

取り出すときに好きな量を取れるよう、まずは個別にしっかりとラップで包みます。さらに袋に入れるのは冷凍焼け臭い移り防止のため。袋に入れてからジップロックで密封すると完璧です。

冷凍お餅の解凍方法と美味しい食べ方!

しっかりと冷凍保存したお餅は、しっかりと解凍して美味しく食べたいですよね!^^

食べ方によってオススメの解凍方法が違うので参考にして下さい。

1.焼き餅

焼き餅の場合は冷蔵庫で自然解凍しましょう。ゆっくりと自然解凍することで時間はかかりますが元のお餅に近い状態に戻ります。そのまま食べる焼き餅だからこその方法ですね。

もう少し時間を短縮したければ、テフロン加工のフライパンに油をしかず、冷凍されたままのお餅を並べて直接あっためます。少し焼き目が付いたらあとは蓋をして弱火で加熱するだけ。パリッとした焼き目ではなく、モチッとした食感の焼き餅になります。

2.煮餅

きな粉餅や雑煮など、焼かないお餅の場合は、電子レンジで時短簡単解凍が出来ます。

電子レンジOKの蓋付き容器に冷凍餅とたっぷりの水を入れ、蓋をして電子レンジ600W2分加熱。お餅が一つ増えるごとに時間を倍にして下さい。時間は目安でお餅の様子を見ながら調節が必要です。

水分を含んだモチモチの状態にすばやく解凍できるので、柔らかいお餅を食べたい場合はオススメの方法です。

簡単お餅の冷凍保存と美味しい解凍方法/まとめ

余りがちなお餅も正しく冷凍保存すればいつまでも美味しく食べることが出来ます。

解凍方法も食べ方に合わせて簡単に出来ますのでぜひ試してみて下さい。

レンジアップで簡単にきな粉餅が出来るので、我が家では子供のおやつに重宝しています!^^

  関連記事

ハウスメーカーの選び方やポイントを現役事務の私が解説☆

「もうすぐマイホームを建てようかな~」と考えだしたときに、 まず思い当たるのが『 …

自宅での浴衣 洗濯の仕方は?初めてでも安心の手順 完全版!

夏祭りや花火大会の季節が近づいてきました。 今年は浴衣を着るぞ!と張り切っている …

ボジョレー・ヌーボーなぜ人気?本場フランスではどうなのか?

毎年11月になると、ボジョレー・ヌーボー解禁が話題になりますね。 関連

帰省先で赤ちゃんが寝ないのを防ぐためには何に注意すれば良いのか?

お盆になると実家に帰省する方も多いと思います。 たまの機会に子供を連れて帰れると …

東京土産でお菓子以外を探しているアナタにおすすめのランキング!

東京土産と言えば「お菓子」が圧倒的に多いですね。 でも、甘いものが好きではない方 …

子供の浴衣は着付けも簡単!髪型アレンジでさらに可愛く!

今年の夏祭りは子供達を浴衣で着飾ってみませんか? 着付けが難しそう…とためらって …

押入れクローゼットのカビ対策!臭いの除去にはコレ!

押入れを開けると、ふわっとカビの臭いが。。。 特に梅雨の時期になると、押入れやク …

乾燥のかゆみに有効な対策!少し変えただけで改善した私の事例

冬になると気になるのがお肌の乾燥です。 関連

冬場の髪の毛の乾燥対策!シャンプー以外に気を使う5つのポイント【40代】

40代にもなると髪の水分量も低下してきて、特に乾燥する冬の時期は髪の毛のパサパサ …

防災グッズの見直しを定期的にする工夫!いざという時に本当に必要なモノは?

ここ何年かの間に、豪雨、突風、竜巻などの被害を聞くことが日本でも増えてきましたね …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上