情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

新潟祭り花火大会はどこで見るのが正解?混雑具合や穴場は?

   

新潟の夏の夜空を彩る一大イベントといえば、新潟祭り花火大会
海でも山でも川でもなく、街の中であがる綺麗な花火を、是非一度は楽しんで欲しいです。^^
今回は新潟祭り花火大会の閲覧スポット混雑具合についてまとめてみます。

新潟祭り花火大会の基本情報

新潟祭り花火大会は、新潟祭りの最終日に開催されます。

新潟祭りは8月3日以降の最初の金土日に開催されるので、2015年の花火大会は8/9(日)になります。最終日は花火目当てのお祭り客で49万人にもの人出になり、周辺はかなり混雑しますね。^^;

時間は例年であれば19:15~20:30頃。およそ1万発の花火が新潟の夜空を彩ります。ラストの大型スターマイン「エボリューション」は、ぜひ実物で見て欲しいですね!

新潟祭り花火大会はどこで見る?

新潟祭りの花火を見るオススメスポットについてご紹介します。

といっても、新潟花火ではそこまで場所取りに悩むことは無いかもしれません。首都圏の大規模な花火大会や、同じ県内の長岡花火に比べれば、閲覧スペースの余裕もありますし混雑具合も酷くないです。

閲覧には、有料スポット無料スポットがあります。

場所取りの心配も無く、余裕を持って会場について花火を見たいのであれば、もちろん有料席が良いですが、管理人は無料席で十分だと思っています。

場所はもちろんやすらぎ堤が良いですね。迫力も十分でよく見渡せます。

大人数の席を確保したいのであれば、朝9時に並んでブルーシートで場所取りをする必要がありますが、2人程度であれば17時頃でもぽろぽろ空いています。また、やすらぎ堤は川沿いにかなり長いので、少し歩けば空いている場所は簡単に見つかると思います。八千代橋付近まで歩けば、打ち上げ直前になってもどこかしら空席が取れると思いますよ。

新潟花火の穴場スポットは?

穴場と言うほどの情報でもないのですが、陸上競技場からも花火を見れることをご存知でしょうか?

有料席は言わずもがな特等席なのでよく見えますが、5人の場合は陸上競技場のスタンド席もオススメです。

新潟市在住・在学・在勤であれば、1口3000円の協賛金を納めることで5人まで席が確保できます。知り合いの方がいれば一緒に確保してもらうことも出来ますね。スタンド席に座ってゆっくり見る花火も、落ち着いて楽しめるので良いですよ!席数に限りがあるので、募集を始めたら早めに申し込むことをお忘れなく!

県外の方の場合は難しいんですが、もしホテルに宿泊予定の場合は、ホテル宿泊者専用閲覧場所がセットになったプランがありますので、そちらを利用するとよいかもしれません。やすらぎ堤沿いにブルーシートを敷いて自由席になっているのですが、入れるのは宿泊者だけなので溢れる心配も無く。見晴らしも良いのでゆったり楽しめると思います。

新潟祭り花火大会のまとめ

大きい花火大会はたくさんありますが、街の中で繰り広げられる花火大会も趣きがあって良いです。音楽と融合した美しい街花火を、ぜひ一度観覧してみてはいかがでしょうか。^^

・新潟祭りについての記事はコチラ☆
>>新潟祭りの見どころや屋台は?こうなって欲しいと強く願う改善点

  関連記事

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会の日程と穴場を探せ!2015

雄大な桜島と錦江湾をバックに鹿児島の夜空を彩る夏の風物詩「錦江湾サマーナイト大花 …

中秋の名月に開催されるイベントおすすめ情報2015【東京】

2015年の中秋の名月は9月27日です。 関連

ほおずき市の見所と楽しみ方!子供連れでも楽しめるか?

入谷朝顔市と並んで人気の夏の風物詩となっている、浅草寺で行われるほおずき市。 参 …

東武動物公園ウィンターイルミネーション気になる料金とオススメの楽しみ方!2015-2016

東武動物公園ウィンターイルミネーション2015-2016が、10月31日(土)か …

リアル脱出ゲームの種類と初心者にもオススメの公演は?

リアル脱出ゲームと一口に言っても、その公演形態には様々なものがあります。イベント …

仙台七夕まつりはつまらない?見どころと魅力を徹底解説!

仙台七夕まつりを調べてみると、「期待はずれでつまらなかった。」という意見が多く見 …

光のページェントに行きたい!混雑を避けるために私が良くやる方法!

東北を代表するイルミネーションといえば「SENDAI光のページェント」ですね! …

土用の丑の日にうなぎ以外の献立は?子供には何歳から?

土用の丑の日は「うなぎ」と言われていますが、どうにも苦手だったり、値段が高くて手 …

湘南よさこい祭りはどんなお祭り?2014年の大賞チームまとめ

高知県のよさこい祭りを発端とし、全国に広がりを見せるYOSAKOI。 今回は、関 …

川内川花火大会で渋滞を回避するためのオススメの交通手段!

夏の風物詩である花火大会。 今回は、九州三大河川の一つである「川内川」で打ち上げ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上