情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

静電気除去ブレスレットは本当に効果がある?オシャレで可愛い人気商品は?

   

冬場のバチバチと気になる静電気。

「乾燥する冬場だからしょうがないかぁ…」「自分は静電気のたまりやすい体質だしなぁ…」とあきらめていませんか?

実はその静電気、あるアイテムを使うだけで簡単に対策できるかもしれません。それが「静電気除去ブレスレット」です!

私も最近見つけていろいろ調べていたのですが、最近は静電気除去グッズが本当にたくさんあるんですね。可愛くてオシャレなものもたくさんあり、その中で、静電気除去ブレスレットであれば普段使いも出来るかな?ということで、いろいろと調べています。

ブレスレットで静電気を除去できる?その仕組みは?

そもそもブレスレットで本当に静電気を除去できるのかも気になりますよね?

静電気除去ブレスレットには、大きく分けて2つの種類があるようです。

1.身に付けているだけで静電気を放電してくれるタイプ

こちらのタイプは電気を通しやすい素材で作られたブレスレットになります。体に溜まった静電気がブレスレットに移り、そして、ブレスレットから空気中へ少しずつ電気を逃がしてくれるという仕組みだそうです。

ただし冬場に静電気が発生しやすくなるのと同様に、乾燥した空気中にはなかなか電気が逃げません。そのため状況によってはあまり効果が無いとう意見の人も多いようです。

2.ブレスレット部分をものに当てて放電させるタイプ

こちらはブレスレットに電気を逃がし、体に溜まった電機を少なくするタイプです。静電気除去キーホルダー静電気除去パッドと同じ仕組みですね。

あらかじめブレスレットに触れて電気を放出する作業が必要なので、忘れてドアノブ等に触ってしまうとバチッとなってしまいます。(^^;

ブレスレットで静電気除去は本当に効果があるのか!?

2.のブレスレット部分に触れて放電させるタイプは、しっかりと触れて体の電気を流せば、ある程度の効果は間違いなく実感できるようです。でもやはり、意識的に触れる必要がある点が少し面倒で、理想的には勝手に放電してくれる1.のタイプが良いですよね。

では1.の身に付けているだけで静電気を放電してくれるタイプはどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

こちらはいろいろ調べても、効果があったという人無いと言う人で半々程度の口コミとなっています。

効果があったという人は、
「これをつけてからドアノブが怖くなくなった!」
「静電気で人に迷惑をかけなくなった!」
という好感触の意見もたくさん見られます。

効果がなかったと言う人は、
「全く効果が感じられない」
「減っているのかもしれないが、自分の静電気が多すぎる」
など、やはりどうしても静電気を除去しきれていないのかな?という意見が目立ちました。

ウールのセーターにポリエステルのコートなど静電気が発生しやすい服装をしていれば、車から降りる一瞬の動作でもかなりの静電気が発生してしまいます。それを短時間で除去するには、勝手に放出してくれるというのは難しく、やはり何かに触って放電するなどの作業が必要になってしまうようですね。

こういう方は触るタイプのブレスレットに切り替えてみたり、別の方法を試してみるのが良いかもしれません。
参考:静電気を防ぐ方法を試してみた!車から降りるときのバチッを何とかしたい!

女子におすすめ!オシャレで可愛い静電気除去ブレスレット!

いろいろと探しているいるうちに見つけたオススメの静電気除去ブレスレットをご紹介します。

普通のアクセサリーとしても使えそうな可愛いブレスレット!

フェリシモさんはこれ以外にも女子受けしそうな帯電防止ブレスレットを多数揃えているので気になる方はいろいろ調べてみると良いと思います。ブレスレット以外もありますよ!^^

また腕につけるだけでなく、髪の毛につけるヘアブレスレットシュシュもあるようです。普段から髪を結ぶ方は、冬はコチラをアドオンするだけで簡単に対策出来ますね。

普段使いも出来る静電気除去ブレスレットで簡単対策を!

なかなか100%の効果はないかもしれない静電気除去ブレスレット。

ただ、探してみると、普段使いも出来そうなおしゃれなものが多数ありますね!^^

お守り代わりでつけるだけでも気持ちもやわらぐと思いますので、この冬は一つ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

  関連記事

女性上司のホームパーティーへ手土産は何を持っていくのが正解か?

いつも何かと相談に乗ってくれて、厳しくも優しい女性の上司。家では料理の出来る家庭 …

忘年会の余興 練習なしで女性でも簡単に出来るアイデアは!?

会社の忘年会に欠かせないのが余興です。でも苦手な人も多いのではないでしょうか。。 …

帰省にかかる交通費を節約して安くする方法

世間一般では年に何回くらい帰省するものでしょうか? スポンサードリンク お子さん …

結婚式には礼服?スーツ?

礼服とスーツの違いって分かりますか? スポンサードリンク 結婚式に行こうと思って …

冬場の髪の毛の乾燥対策!シャンプー以外に気を使う5つのポイント【40代】

40代にもなると髪の水分量も低下してきて、特に乾燥する冬の時期は髪の毛のパサパサ …

一人部屋に最適な暖房器具はエアコンじゃない!エコにオススメのスポット暖房!

一人暮らしで迎える初めての冬。暖房器具は何を考えていますか? スポンサードリンク …

渋滞運転を乗り切るコツと注意点!気分転換は○○を活用して

夏休みの旅行やお盆の帰省など、長距離運転の機会が増えますね。 スポンサードリンク …

東京土産 会社用にオススメの安くてコスパ最強はコレだ!

会社へのお土産って気を使って悩んだことありませんか? スポンサードリンク 久しぶ …

紫外線対策は何歳から必要?子供のために出来る日焼け止め対策まとめ

暖かい季節になってくると男女問わず小さい子に日焼け止めを塗っているママをよく見か …

乾燥肌を治したい!手軽な対策で30代が生まれ変わった方法!

乾燥肌に悩んでいる人ってどのくらいいるんでしょうか。 スポンサードリンク 関連

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上