情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

静電気を防ぐ方法を試してみた!車から降りるときのバチッを何とかしたい!

   

冬になり空気が乾燥してくると発生する静電気。ふとした時にビリリときて、嫌な思いをすることも多くなりますよね。

特に私が一番嫌なのが、車に乗り降りするときの静電気です!

車から降りてドアを閉めようとした時に「バチバチッ!」となった経験がある方多いのではないでしょうか?毎年この季節は車のドアノブ恐怖症といってもいいほどビクビクしながら車のドアを閉めています。泣

そこで今回は、
・車のドアを閉めるときに静電気を防ぐ方法
・静電気除去グッズに効果はあるのか?
について、何か解決策はないか?いろいろと調べてみました。

車に乗り降りする際に静電気を発生させないようにするには?

基本的には、体に静電気がたまってドアに触った際にそれが放電されることにより「バチッ」という痛みになります。

なので車から降りる時の静電気を防ぐには、そもそも体に静電気をためないようにすることが解決策となります。

例えば洋服でも、繊維によってプラスに帯電するものマイナスに帯電するものがあり、このプラスとマイナスの組み合わせで静電気が起きやすいかも決まります。

例えば、マイナスが帯電しやすいアクリルやポリエステルのインナーの上にプラスに帯電しやすいウールのニットを着ていたりすると、ご存知の通り一番静電気が発生しやすい組み合わせの出来上がりです。汗

そして解決策のもう一つは摩擦を減らすことです。

マフラーを摩擦たっぷりにサッと外したり、シートの背もたれと自分の洋服がこすれたり。そんなところで発生する摩擦が多ければ多いほど、静電気も発生します。

…といっても、服装はニットを着ない!というのは難しいですし、摩擦をゼロにする生活なんて実際難しいですよね。(^^;

たまった静電気を上手く放出させる!

いくら気をつけても、乾燥するこの季節はどうしても静電気がたまりやすくなります。

そんなときは、帯電した静電気をうまく逃がしてあげることが出来ればあのバチッという痛みはなくなります。

静電気を逃がすにはいくつか方法がありますので、自分のやりやすいものを試してみて下さい。

1.指先ではなく手の平でさわる

個人的には一番おすすめの方法です。

指先から触ると一点から急激に電気が逃げるので強い痛みになるわけです。

なので指先ではなく手の平全体で、むしろ手首付近や親指の付け根の肉厚の部分全体で触ることで、静電気も満遍なく逃げ、また鈍感な部分なので痛みもほぼ感じなくなります。

スポンサードリンク

また「手の甲で触るのが良い」という意見もありますが、こちらはまだ試したことはありません。理屈は同じようですね。(^^;

2.車に触る前に静電気を逃がす

例えば、車のドアに触る前に地面や壁(コンクリートや木)を長めに触ることで体の静電気を逃がすことが出来るようです。

コンクリートや木は良導体でないため、静電気は小さい電流でゆっくりしか流れません。静電気は一度に大きい電流が流れることであのバチバチを感じるので、小さい電流をゆっくり放出させればバチバチしないというわけです。

車から降りるたびに地面を触るのは面倒ですが、でも、これが一番効果を感じている人が多いみたいですね。車だけでなく、部屋のドアノブなどでお悩みの方は、壁に手をついてドアを開けることで解消できるようです。

車用の静電気除去グッズを使う!

探してみると、車用の便利な静電気除去グッズが様々ありました。

この手袋をしているだけで車の静電気には絶対負けないというツワモノ。白い手袋なので好みはありますが。(^^;

小さいシールなのに静電気を放電させるアースの役割を果たしてくれるという優れものです。ふかふかの繊維でできたこのシールを車内の好きな場所に貼り、そこに触れて静電気を逃がしてから車を降りれば大丈夫!ガソリンスタンドの放電タッチ部分と同じ役割なので、仕組み的には間違いないモノです。

静電気除去グッズではコチラが一番のオススメ!違和感なく持ち歩けますし1年中使えます。普通に鍵を束ねておくものとして使っても良いくらいスタイリッシュで自然に持ち歩けると思います。

やわらか素材でできた猫の手の形をした静電気除去キーホルダーです。可愛いだけでなく、静電気を吸収するとランプがオレンジに光るので、目で見て安心できるところも良いですね。

こちらも除電すると液晶窓にマークが表れ知らせてくれるキーホルダータイプ。カラーバリエーション豊富で女性も男性も使えそうです。

車のドアは怖くない!静電気を防ぐ方法いろいろ/まとめ

車を降りるときの静電気は仕方ないと思っていたあなた。手の平タッチは本当に使えるテクニックなので是非試してみて下さい。

静電気除去グッズも探してみるといろいろありますね。静電気を吸収するとランプが光るものは目で見て安心できるので、怖がりの人には本当にオススメです。^^

スポンサードリンク

  関連記事

赤ちゃんの日焼け止め 落とし方&選び方の完全ガイド!

紫外線の強い季節がやって来ました! スポンサードリンク この季節は肌が弱い赤ちゃ …

新発田で脱毛をするならどこ?口コミ評判とコスパを徹底比較してみた!

新発田市で脱毛を考えたとき、もっとも良いお店はどこになるのでしょうか? スポンサ …

防災グッズの見直しを定期的にする工夫!いざという時に本当に必要なモノは?

ここ何年かの間に、豪雨、突風、竜巻などの被害を聞くことが日本でも増えてきましたね …

自撮り棒はなぜ禁止?規制の原因と致命的な欠点とは?

他人に頼らずともきれいな自撮り写真が撮れると評判の「自撮り棒」。しかし、現在では …

浴衣の洗い方 手洗いでも自宅で簡単に出来る方法

花火大会やお祭りなど、浴衣が活躍する季節になりました。 スポンサードリンク 関連

お餅の保存方法 冷凍するときの注意点と気になること!

お正月にもらった大量のお餅。短期間で食べきるのはなかなかキツいんですよね。 スポ …

女性上司のホームパーティーへ手土産は何を持っていくのが正解か?

いつも何かと相談に乗ってくれて、厳しくも優しい女性の上司。家では料理の出来る家庭 …

インフルエンザの予防接種は効果ない?噂の検証!

インフルエンザは毎年12月頃から増えてきて、1月2月にピークを迎えます。 スポン …

セルカレンズの選び方は?メリットとデメリット一覧!

最近話題のセルカレンズって知っていますか?? スポンサードリンク 流行の自撮り棒 …

保育園の水遊びに日焼け止めは必要?子供の紫外線対策まとめ

保育園はお子さんを預かってくれるだけではなく、子育てに関する色々な情報を得るため …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上