情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

自撮り棒はなぜ禁止?規制の原因と致命的な欠点とは?

   

他人に頼らずともきれいな自撮り写真が撮れると評判の「自撮り棒」。しかし、現在では、使用禁止の場所が増えるなど、規制の波が広がっているようです。自撮り棒が禁止される原因は何故なのでしょうか?

自撮り棒が禁止されている場所は?

最近は自撮り棒の使用を禁止している場所が増えてきました。

・スミソニアン博物館(アメリカ)
・ニューヨーク近代美術館(アメリカ)
・ナショナルギャラリー(イギリス)
・ベルサイユ宮殿(フランス)
・ルーブル美術館(フランス)

有名なところを抜き出してみましたが、世界的にも使用禁止にしているところが増えているようです。日本でも、ディズニーランド博物館、美術館、動物園や、人がたくさん集まるスタジアムなどでも禁止になっていたり注意を呼びかけたりしているところがありますね。

自撮り棒はなぜ禁止?

自撮り棒の使用を禁止する背景には、大きく3つの理由があります。

1.安全上の配慮
特に人がたくさん集まる観光地などでは、自撮り棒が他人にぶつかってしまう事例も多く発生しています。それによってのトラブルもかなり増加しているとか。万が一の怪我などを考えると規制する必要性は十分にありそうですね。

2.展示物への配慮
美術館などでは自撮り棒を延ばして撮影したときに展示物にぶつかってしまい、破損する危険性もあります。また、最近では日本の動物園で、自撮り棒を伸ばして動物を接写しようとして問題になったニュースがありましたね。

意図的でないとしてもカメラが落下して何かに当たってしまうなど、アクシデントが起こる可能性は十分になります。

3.景観上の配慮
観光地で自撮り棒を伸ばしている人が多い光景は、お世辞にも風情があるとは言えません。せっかくの綺麗な景色も台無しになってしまいますね。また、美術館でゆったりと作品を鑑賞しているのに、どこを見回しても伸びた自撮り棒が見えることも、せっかくの雰囲気を壊してしまっていますね。これによるクレームも実際に増えているようです。

自撮り棒の欠点は?

綺麗な自撮りが出来る自撮り棒ですが、欠点や問題点も浮かび上がってきています。

自撮り棒はBluetoothを利用してシャッターを切るため、電磁波に関する製品の認定を受ける必要があります。安全な認定を受けていない自撮り棒(主に安価な輸入製品)を使っていると、知らないうちに違法行為に手を染めているかもしれないので注意して下さい。

また、前述の通り、観光地や人混みの中の利用では、第三者とのトラブルも増えてきているので、利用に際しての安全確認も必要です。代表的なところではディズニーランドなどではそもそも利用することが出来ないですね。

もう一つ、自撮り棒の欠点として、大きくてかさばるということがあります。やはりある程度の大きさがあり、いつものカバンにちょっとだけいれるには荷物になってしまうことが欠点ですね。

最近はこれらの欠点を全てカバー出来るコチラの商品が人気のようですね。
>>セルカレンズの選び方は?メリットとデメリット一覧!

自撮り棒の撮影のコツ

最後に、せっかく自撮り棒を利用するのだから、上手く取れるコツをご紹介します。

1.逆光を避ける
自撮りの基本ですが、まぶしくないように逆光にしてしまい、顔が暗くなってしまうことが多いです。真正面はさすがに眩しいので避け、上手く光が当たる角度で撮影出来ると良いですね。

2.背景をしっかりと入れる
背景を含めた開放感のある写真が取れることが自撮り棒で自撮りをする最大のメリットです。しっかりと手を伸ばして、周りの雰囲気も含め写真に収めるようにしましょう。

3.カメラを少し上に構える
上からのアングルで写真を撮影すると良い表情になりやすいです。目がパッチリ開いて大きく見える効果もありますね。肘を90度に曲げて腰に当て、カメラを安定させ、少し上の角度から見下ろすように写真を撮るのが、自撮り棒の基本的な姿勢のようです。

自撮り棒についてのまとめ

簡単に綺麗な自撮りが出来るのでお勧めの自撮り棒ですが、各地で規制されている理由も良く考えて、周囲の人の迷惑にならない使い方を心がけたいですね。

また、自撮り棒の欠点を解消するセルカレンズについてもぜひ参考にしてみて下さい!^^

  関連記事

帰省時は車で長距離運転になる場合 赤ちゃんのために注意したいことまとめ

長期休暇になり、実家への帰省を検討している方も多いと思います。 関連

防災用品で最低限必要なものは?赤ちゃん連れの場合は要注意!

地震などの災害が起きた時、家族を守る為に用意しておきたい防災用品。 以前であれば …

子供の熱中症対策は?症状やサインを見逃さないコツ!

夏が近づいてくると心配なのが「熱中症」です。 特に小さな子どもは、自分で意思表示 …

帰省時の赤ちゃん持ち物リスト!初めてのママはここに注意!

赤ちゃんを連れて帰省する場合はどんな荷物が必要になるでしょうか? 「なるべく荷物 …

防災用品のリストをまとめてみた【小さい子供がいる親向け】

毎年のように各地で起こる自然災害。その度に、日頃から防災用品を揃えておくことの重 …

帰省先で赤ちゃんが寝ないのを防ぐためには何に注意すれば良いのか?

お盆になると実家に帰省する方も多いと思います。 たまの機会に子供を連れて帰れると …

コタツのメリットはデメリットを超える!狭いワンルームには絶対オススメの使い方

冬の暖房にコタツはいかがでしょうか? 関連

子供の名前ランキング2016を予想!歴代結果から最新トレンドを考えてみる!

2015年の子供の名前ランキングが発表されましたね。子供への一生の贈り物ですから …

法定12ヶ月点検は強制?受けないとどうなる?

先日、車の法定12ヶ月点検の案内が届きました。ディーラーさんに遅れても良いか訪ね …

防災グッズの見直しを定期的にする工夫!いざという時に本当に必要なモノは?

ここ何年かの間に、豪雨、突風、竜巻などの被害を聞くことが日本でも増えてきましたね …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上