情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

渋滞運転を乗り切るコツと注意点!気分転換は○○を活用して

   

夏休みの旅行やお盆の帰省など、長距離運転の機会が増えますね。

しかしこの時期の道路は、本当にどこも混雑しています…。

長距離運転というだけでも気疲れするのに、そこに渋滞がかさなると思うと今から気が重いですね。

しかし、渋滞だからといってイライラ運転になってしまうのは非常に危険です!

そこで今回は、渋滞時の長距離運転を上手く乗り切るコツをまとめてみました。

渋滞を乗り切る運転のコツ

まずは渋滞に対する考え方をしっかりと改めましょう。

早く進む車線がある?

渋滞時は、全での車線がほぼ同時にゆっくりと動きます。

隣の車線の方が進みが早いかな?と思うこともありますが、最終的にはほとんど同じで変わりません。

渋滞時にキツイ車線変更をする人を見かけますが、デメリットしかないのでやめましょう。

高速道路の料金所

高速道路の料金所は一番外側が早いと言われていましたが、ETCの普及により一般的な話ではなくなってしまいました。

どこが進みが良いかよりも、どう進んだら目的のレーンにスムーズに流れられるかを考えることが大事です。

ETC搭載の場合は専用レーンが一番早いので、一番外側のETC専用レーンに迷わず突き進めるようにするのがポイントです。

渋滞時に注意するべき基本ポイント

せっかくこのページをご覧になったのであれば、この際に改めて基本的な注意事項の確認して欲しいです。

少しの意識の違いで渋滞時の事故を起こすかどうかって変わってきますので。

1.脇見運転

渋滞で車がゆっくり進んでいると脇見運転をしがちですが、本当に一瞬の油断で前の車にぶつかってしまいます。

渋滞時はどう走ってもゴールの時間はそんなに変わらないので、車一台分くらいの車間距離を空けておきたいですね。

割り込まれてもほとんど時間は変わりませんよ。

2.適度な休憩

2時間1度は休憩を取りたいですね。

タイミングを逃すと、休むのも面倒だからと走りっぱなしになってしまうこともありますが、体調的にも集中力的にも良くありません。

2時間に1度は休んで、歩いたりはねたりして血液をめぐらせ、リフレッシュして集中力を取り戻しましょう。

大きなサービスエリアを事前に見つけておいて、そこを目標に走るのも良いですね。

3.車間距離

渋滞で進みが遅いからと言って、必要以上に車間距離を詰めないようにしましょう。

前に車が入られるのが嫌で車間距離を詰める人が多いですが、前に車が入られても時間的なデメリットはほぼありません。

むしろ、脇見運転時の追突のリスクも減るし、後ろの車がぶつかってきたときの玉突きに巻き込まれる可能性も減ります。

渋滞運転を乗り切るための気分転換

最後に、皆さんがしている渋滞運転時の気分転換をまとめした。

車の中で出来ることは限られていますし、ドライバーだとゲーム等にも参加しづらいので、べたな意見が多くなりますね。(^^;

・音楽を流す
口ずさめるような自分好みのCDを作っておくのも良いですし、同乗者に持ち寄ってもらうのも良いですね。

・ガムを食べる
やはり、ブラックガムを愛用している人が多いようです。

「長距離運転の時はこれが無いとダメ」という人も多数でしたので、一度試してみてはどうでしょうか。

・お菓子やコーヒー
口さびしくなるので、いろいろと食べながら飲みながら。

ただし、自分でやろうとすると脇見運転になるので、助手席の人に最大限協力してもらいましょう。

渋滞運転を乗り切るコツまとめ

基本的なことがほとんどですが、渋滞時の事故は小さな意識一つで防げたりします。

個人的には助手席の人と話しているのが最大の暇つぶしになるのですが、そこは人それぞれですかね。

いろいろな対策を試してみて渋滞運転を上手く乗り切りましょう!

  関連記事

セルカレンズの選び方は?メリットとデメリット一覧!

最近話題のセルカレンズって知っていますか?? 流行の自撮り棒の欠点を全て解消して …

年賀状の挨拶文は気の利いたメッセージを!義両親と100%距離が縮まる秘密の方法

義両親に出す年賀状って困りませんか? 関連

子供の浴衣は着付けも簡単!髪型アレンジでさらに可愛く!

今年の夏祭りは子供達を浴衣で着飾ってみませんか? 着付けが難しそう…とためらって …

防災グッズの見直しを定期的にする工夫!いざという時に本当に必要なモノは?

ここ何年かの間に、豪雨、突風、竜巻などの被害を聞くことが日本でも増えてきましたね …

赤ちゃん水遊びにオススメの服装と注意点まとめ

暑い季節になりましたが、一日中クーラーの効いた部屋にこもってばかりでは赤ちゃんも …

日焼け止め 1年前のものは使えるか?未開封と保管状態の関係

紫外線の強い今の時期の必須アイテムといえば「日焼け止め」。 海へ繰り出そうと日焼 …

赤ちゃんの紫外線対策はどうする?気になる方法と大人顔負けのUVケアとは

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は柔らかくてぷるぷるで、本当に羨ましいものです。いつ …

冷凍したお餅の美味しい食べ方!解凍方法はレンジで良いのか?

食べ切れなかったお餅を冷凍保存している人は多いはず。 でも、そのお餅を美味しく食 …

帰省時の赤ちゃん持ち物リスト!初めてのママはここに注意!

赤ちゃんを連れて帰省する場合はどんな荷物が必要になるでしょうか? 「なるべく荷物 …

うなぎ価格の推移と相場!価格高騰の原因と2015年はどうなる?

土用の丑の日はうなぎを食べようと思っている人も多いのではないでしょうか? そこで …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上