情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

ネクタイの結び方の基本パターンまとめ

   

ネクタイの結び方はいくつかありますが、
基本的なものはしっかりと押えておきましょう。

ほとんどの人が、
最初にただ一種類を覚えて
それを使いまわすといいます。

適切な結び方を覚えて、
使いまわせるようになることがベストですね!^^

ネクタイ結び方の種類

基本的なネクタイの結び方は、
以下の4種類です。

・プレーンノット
最も簡単な結び方で広く愛用されています。
幅広いスタイルのネクタイやシャツの襟に合い、
特に身長の高い男性にぴったりの結び方です。
結び目は小さめになり、
円錐形でやや縦長になります。
手軽な反面、一重結びのため、
緩みやすい結び方でもあります。

・ダブルノット
プレーンノットをもう一巻きする結び方です。
そのため、プレーンノットより結び目は大きくなります。
生地の薄いネクタイで少しボリュームを出したいときなどに、
ダブルノットで調整出来ると便利です。
結び目はふっくらした円錐形になりお洒落です。
幅が広いタイプのネクタイでは、
結び目が大きくなり過ぎて、
適さない場合があります。

・ウィンザーノット
少し難しい結び方で、
あらたまった場で使われることが多いです。
ネクタイが短くなり過ぎないように調整も必要ですが、
締まりがよく型崩れはしにくいです。
結び目はしっかりと大きめに仕上がるので、
ワイドスプレッドのシャツにオススメです。
また、厚手のネクタイでは、
結び目が大きくなりすぎる場合があります。

・セミウィンザーノット
ウィンザーノットより一巻き少ない結び方です。
結び目は綺麗な正三角形になり、
どんなタイプのシャツにも合います。
最も幅広く利用できる結び方でしょうか。
厚手のネクタイの場合は、
結び目が大きくなったり長さが短くなります。

・ディンプル
結び方ではないですが参考に。
結び目の下にくぼみを作ること。
ディンプルを作ることで動きが出るため、
お洒落なテクニックとされている。

ネクタイの結び方で一番のオススメは?

上記で紹介した結び方であれば、
どれでも問題ありません。

上記の中の一種類だけ覚えていて、
普段はそれだけ使っている、
という方も多いでしょう。

ちなみに、
管理人は、
普段はプレーンノットです。
理由は簡単だから。(笑)

結び目の形を気にする人は、
セミウィンザーノットを使っている方が多いです。
セミウィンザーノットは幅広く適応できるので、
一つだけ覚えるのであれば、
これが一番無難でしょうか。

冠婚葬祭でも使えるネクタイの結び方

冠婚葬祭では、
ウィンザーノットやダブルノットを使うなど、
使い分けてもいいかも知れません。

もちろんプレーンノットでも
失礼ということはありませんが、
この二つのほうがふっくらした結び目が出来て、
見栄えが良くなることが多いです。

ただし、
ネクタイの素材によって、
同じ結び方でも出来上がりが変わるので、
複数の結び方を覚えておいて、
調整出来るとベストですね。

ネクタイを長く使うためにシワの少ない結び方

ネクタイを外すとしわが出来ているけど、
自分の結び方が間違っているのか?
という悩みをたまに見かけます。

ネクタイを結ぶ限りは、
シワはできますので問題ありません。

ただし、
シワができにくい、
痛みにくい結び方はあります。

プレーンノットは、
最も痛みが少ない結び方です。
その代わり、
緩んでくることも多いですね。

ウィンザーノットは、
手順も多く硬く結ぶので、
緩むことは少ないですが、
その分シワも出来やすく、
痛みも早いです。

ネクタイの基本的な結び方まとめ

今回は基本的な結び方を知識をご紹介しました。

複数の結び方を覚えるのは難しいですが、
やはり、
ネクタイによって結び方を調整出来ると、
毎回ジャストな結び目が出来るでしょう。

是非練習してみて下さい!^^

・ネクタイの結び方についての記事はコチラ☆
>>ネクタイの結び方 長さ調節が上手くいかない場合のオススメ!
>>ネクタイ結び方 葬式や結婚式での知っておきたいルール

  関連記事

ネクタイピンは必要?ビジネスマナー違反にはならないか?新社会人の常識

新社会人の準備のため、新しいスーツを用意している人も多いでしょう。リクルートスー …

カビと湿気の原因とは?根本的な対策は?

カビに悩まされる人が多くいる傍ら、特にカビの悩みを感じたことが無い人がいるのも事 …

静電気除去が身近なもので簡単に出来る?冬場の悩みもこれで解決!

空気の乾燥する冬場。突然「ビリッ!」と訪れる静電気にびくびくしている方も多いので …

防災グッズの見直しを定期的にする工夫!いざという時に本当に必要なモノは?

ここ何年かの間に、豪雨、突風、竜巻などの被害を聞くことが日本でも増えてきましたね …

冬場の髪の毛乾燥対策にはヘアオイルで驚きの効果!肌荒れが気になる場合は?

「冬になると、どんなにケアをしていても髪の毛が乾燥して困る!」 こんな悩みを抱え …

押入れクローゼットのカビ対策!臭いの除去にはコレ!

押入れを開けると、ふわっとカビの臭いが。。。 特に梅雨の時期になると、押入れやク …

お餅の保存方法 冷凍するときの注意点と気になること!

お正月にもらった大量のお餅。短期間で食べきるのはなかなかキツいんですよね。 関連

自宅での浴衣 洗濯の仕方は?初めてでも安心の手順 完全版!

夏祭りや花火大会の季節が近づいてきました。 今年は浴衣を着るぞ!と張り切っている …

トイレトレーニング 世間の平均はいつから?上手く乗り切るコツとは?

子育てに奮闘中のママさんは、成長していく我が子を見て愛しいと思いつつも、毎日が分 …

日焼け止め 1年前のものは使えるか?未開封と保管状態の関係

紫外線の強い今の時期の必須アイテムといえば「日焼け止め」。 海へ繰り出そうと日焼 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上