情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

浴衣 女の子用の着崩れしない着付け方法!浴衣よりもオススメな衣装はコレ

   

夏祭りの季節になると、女の子を持つ親なら我が子に浴衣を着せたくなりますよね!

子供用の浴衣も可愛いものが多く、ママさんたちの方が選ぶときからワクワクしているのではないでしょうか。^^

でも、
「どうやって着付けをすればいいか分からない。」
「着付けが難しそうで購入に踏み切れない。」
という方も多いと思います。

そこで今回は、女の子向けの浴衣の着付け方法や、子供によくある着崩れの問題を解決する方法をご紹介します!^^

浴衣の着付けで失敗してしまうポイント

まずはいろいろな人の意見から、浴衣の着付けで失敗したポイントを確認してみましょう。

1.着せている間に子どもがじっとしていない

特に小さいお子さんの場合は、どうしても動き回ってしまって長時間の作業だと飽きてしまいます。

なので、なるべく短い時間で着付けを済ませることが上手くやるポイントですね。

初めてだからといって、着付けの本や動画を見ながらだとどうしても時間がかかってしまいます。

ですので、前もってイメージトレーニングをしておくことが重要です。浴衣を床に広げて試しておくと良いでしょう。

2.右前と左前を間違った

最も多い間違いが、衿の重ね方が右前か左前か分からなくなってしまうことでした。

正しいのは右前です。

右前というのは右身頃が下で左身頃が上にくることです。着せる時は対面で左右が反対になっているので注意しましょう。

3.きつく締めなかったために着崩れてしまった

着物や浴衣は帯で縛っているのではなく、内側にある紐で着ています。

ですので、ここをゆるく結んでしまうと少し動き回っただけで簡単に着崩れしてしまいます。

初めての場合、思っているよりもきつめに締めるくらいでちょうど良いことが多いです。

浴衣の着付けの方法

探してみたところ、以下のサイトが詳しくて分かりやすかったので参考にしてください。
参考:http://yukata-kitsuke.com/kodomo1.html

とても分かりやすくまとまっていて、ここを見れば「着付けって簡単だ」と思えるかもしれません。

スポンサードリンク

先ほど挙げたポイントを押さえて一気に着せればうまくいくと思います。

お子さんに足でしっかり踏ん張っていてもらうと、もっと着せやすくなりますよ。^^

浴衣の帯の結び方

「浴衣を着せたいけど、帯を結ぶのが大変そうで…」という方もいると思いますが、実はそれほど心配はありません。

小さな女の子用の浴衣の帯は兵児帯(へこおび)を使用すると簡単です。

浴衣をセットで買う場合もほとんど兵児帯が付いていると思います。普通の帯よりも柔らかいため扱いやすいです。

リボン結びや文庫結びにするとかわいいですよ。^^
参考:兵児帯のリボン結び
http://yukata-kitsuke.com/hekoobi_1.html

小さいお子さんにおすすめの浴衣ドレス

最近増えているタイプで、上下セパレートになっている浴衣ドレスがあります。

上は浴衣のようになっていますが、下はフリルの付いたかわいいスカートになっていたり。

<浴衣ドレスのおすすめポイント>
・着せやすい
・着崩れしない
・トイレが楽
・子どもが動き回りやすい

小さい女の子に着せるのであれば、私は浴衣ドレスを絶対オススメします!

丈も短めで裾が広がっていますので、子どもが動き回りやすいというのもポイントです。

馴れない浴衣だとうまく歩けなくて転んでしまうことも多いですからね。

そしてトイレの度に着崩れてしまう心配もありませんので、お父さんと一緒でも簡単で安心です。^^

女の子用の浴衣着付け方法まとめ

子どもの頃に浴衣を着てお祭りに行くときは、前日からとても楽しみでなかなか眠れませんでした。

浴衣を着る前にまだ明るい時間帯からシャワーを浴びて準備するのも普段と違ってワクワクしたものです。

浴衣を着る機会は年に一度ぐらいしかないと思いますので、いい思い出になるように、事前準備をしっかりしてあげてくださいね。^^

スポンサードリンク

  関連記事

冷凍したお餅の美味しい食べ方!解凍方法はレンジで良いのか?

食べ切れなかったお餅を冷凍保存している人は多いはず。 スポンサードリンク でも、 …

浴衣の洗い方 手洗いでも自宅で簡単に出来る方法

花火大会やお祭りなど、浴衣が活躍する季節になりました。 スポンサードリンク 関連

赤ちゃんの紫外線対策はどうする?気になる方法と大人顔負けのUVケアとは

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は柔らかくてぷるぷるで、本当に羨ましいものです。いつ …

帰省先で赤ちゃんが寝ないのを防ぐためには何に注意すれば良いのか?

お盆になると実家に帰省する方も多いと思います。 スポンサードリンク たまの機会に …

結婚式の服装マナー!既婚30代女性にオススメの秋の装い!

暑さと寒さの混じる秋の季節。 秋の結婚式に招待されて特に悩むことの一つが服装です …

赤ちゃんに紫外線対策の帽子選び!絶対日焼けをさせない外遊び用のオススメは?

大人に比べてまだまだ皮膚が弱い赤ちゃん。 スポンサードリンク 夏も本番になると、 …

ふるさと納税 サラリーマンは損をする?どのくらい儲かる?

「ふるさと納税」という制度をしっているでしょうか? 最近になって認知度も広がって …

クーラー病・夏バテ・熱中症の違いと原因まとめ

夏場になると、何だかダルくてイライラして体調が悪くなる。これはクーラー病?夏バテ …

新社会人の男性が喜ぶプレゼントは?絶対に失敗しないネクタイ選び!

春から新社会人になる人に向けてネクタイのプレゼントはオススメですね。^^ スポン …

日焼け止め 1年前のものは使えるか?未開封と保管状態の関係

紫外線の強い今の時期の必須アイテムといえば「日焼け止め」。 スポンサードリンク …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上