情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

会社で出来る足元の寒さ対策!靴下以外にもある簡単な温めワザ!

   

オフィスの暖房は、顔だけが熱くて足元が冷たい!
冷え性に悩む女性は、この足元の冷えだけで頭痛になったり肩こりになったり、実は冬場は本当に悩みが多いのです。

自宅だったら足元の寒さ対策も自由なのに、会社だとそうはいかないですよね。

そこで今回は、会社でも出来る足元の寒さ対策についていろいろな方法を調べてみました。

一番簡単な寒さ対策は靴下の二重履き!

誰にも気にされずに出来る対策として、靴下の二重履きが一番簡単で手っ取り早いです。これは実践している人も多いでしょうか。

二枚履き程度なら足のサイズも変に変わらないので、普段使いとして意識せずに出来ると思います。でも、二枚履きにするだけで本当に効果は絶大ですよ!^^

一部では、靴下の4枚履きが推奨されているようです。汗
シルク5本指靴下→綿の5本指靴下→シルク靴下→綿かウールの靴下。

ここまで来るとさすがに大変ですね。(^^;
三枚履き以上になると足のサイズも変わってしまうので、家から通勤するときには難しいです。会社で履き替えるのも面倒ですし、洗濯も一気に増えてしまいます。

二枚履きの靴下にさらにアドオン!

不自由なオフィスだとしても、デスクの下は比較的自由に出来ますよね。

さらに強力な足元の冷え対策をしたいのであれば、二枚履きの靴下にプラスして、デスクの下だけルームシューズを導入してみてはいかがでしょうか。

デスクの下だけこれを履いておけば、足元の冷えはほぼほぼ解消できるのではないでしょうか!?

「ルームシューズは恥ずかしい…」ということであれば、モコモコ靴下に履き替えたり、ヒートテック靴下を重ね履きすると、不自然に目立つことも減るかと思います。

ルームシューズが履けないのであればレッグウォーマーとひざ掛け

オフィスでは靴を脱げないという人もいるでしょう。ルームシューズは持ち運びも面倒だし、目立つのでちょっと恥ずかしいという人もいるでしょう。それであれば、レッグウォーマーとひざ掛けなんかも良いですね。

簡単な暖房機器を導入する

暖房機器を導入と言っても、個人用のヒーターやストーブを会社で使うことは難しいですよね。

ここでいう暖房器具は、湯たんぽ小型の足元ヒーターのことです。

靴下だけでなく、こういったものをちょっと使うだけで、全く違った環境になります。もし職場の電気をちょっと使えたり、お湯を入れたり出来るのであれば、最後の手段として検討してみて下さい。

会社で出来るいろんな足元対策/まとめ

会社では自由に出来る部分が少なく、いろいろと工夫しないと足元の寒さ対策も難しいものです。

ただ、冬場の冷えは苦手な人には本当に悩みになるもの。

小さな買い物で劇的な効果になるものもあるので、お悩みの方はいろいろと試してみて下さい。

  関連記事

渋滞運転を乗り切るコツと注意点!気分転換は○○を活用して

夏休みの旅行やお盆の帰省など、長距離運転の機会が増えますね。 しかしこの時期の道 …

赤ちゃんの紫外線対策はどうする?気になる方法と大人顔負けのUVケアとは

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は柔らかくてぷるぷるで、本当に羨ましいものです。いつ …

日焼け止め 赤ちゃん用は大人にも使える?敏感肌の女性にオススメしたい一品!

日差しの強い日が増えてきましたが、日焼け対策は十分に出来ているでしょうか? 関連

ネクタイ結び方 葬式や結婚式での知っておきたいルール

普段、何気なく身に着けているネクタイ。 ネクタイの結び方って、 何種類知っていま …

静電気体質なんて存在するのか?バチッ原因と簡単に出来る解決策!

冬になると多くの人が悩む静電気のバチッとした痛み。深刻な人は、ドアノブに触れるこ …

オフィスの足元暖房が生まれ変わる!電気を使わないで暖める方法

冬場のオフィスは空調が悪くて足元は寒くなりがち。特に女性の方にはツライ時期になり …

法定12ヶ月点検は強制?受けないとどうなる?

先日、車の法定12ヶ月点検の案内が届きました。ディーラーさんに遅れても良いか訪ね …

防災グッズの見直しを定期的にする工夫!いざという時に本当に必要なモノは?

ここ何年かの間に、豪雨、突風、竜巻などの被害を聞くことが日本でも増えてきましたね …

渋滞時の過ごし方!助手席のアナタに出来る気が利くイライラ解消方法

長期休暇や行楽シーズンなどは40km近い渋滞になるところもしばしば。 楽しかった …

ハウスメーカーの選び方やポイントを現役事務の私が解説☆

「もうすぐマイホームを建てようかな~」と考えだしたときに、 まず思い当たるのが『 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上