情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

帰省にかかる交通費を節約して安くする方法

   

世間一般では年に何回くらい帰省するものでしょうか?

お子さんがいる家庭では、お孫さんの顔を見たいというご実家からの声もあり、お盆やお正月に帰省されることが多いと思います。

実家には帰りたいけれど、家族が多ければ多いほど負担になるのが、帰省にかかる「交通費」です。

今回は、帰省にかかる交通費を少しでも安くする方法はないか、調べてみました。

帰省にはどのくらい費用がかかっているのか?

2014年のお盆の帰省に関する調査結果で、帰省にかかる一世帯あたりの費用のデータがありました。

<帰省で利用する予定の交通手段別費用>
車 :19,706円
鉄道:44,567円
航空:64,686円

鉄道や飛行機のように1人ずつ料金がかかる場合は、家族が多いほどさらに負担が大きくなりますね。

また、この調査結果以外にもこんな声がありました。

・我が家の帰省は小さい子どもがいるため時間重視です。関東から九州までを新幹線や飛行機で乗り継ぎ、往復の交通費は約15万円程度かかります。

・飛行機のスーパー先得を利用して8万円程度で航空券は入手できましたが、そこから高速バスを利用するため10万円近くになりました。

・家族が多いため車でETC割引を利用して12時間かけて帰省します。海外旅行に行けそうな時間だねといつも家族で話しています。

帰省のたびにかなり高額な費用にがかかっていて、根深い悩みになっているご家庭も多いようですね。

予定を早く立てる

帰省をすると決まったら一日でも早く予定を立てることが、帰省費用を安くするコツです。

会社に休暇の申請をするのが難しいかもしれませんが、飛行機や鉄道を利用する際には早めに予約をした方が絶対に得なんです。

新幹線や在来線にも早割で安く購入できる切符がありますし、航空チケットは早いほうが断然安いですよね。

家族が多ければ車が安い!

時間がかかるというデメリットがありますが、人数が多いご家庭は車で帰省した方が圧倒的に費用を安く抑えられます。

スポンサードリンク

車の少ない深夜に移動すれば渋滞も避けられますし、眠っている間に移動できますので家族の負担も減ります。

その代わり運転手の負担が大きくなってしまいますが…(^^;
こまめに休憩を取り、可能であれば夫婦で交代しながら運転出来ると良いですね。

車の場合はETCの休日割引や深夜割引をうまく利用することも節約になるので、計画的に利用すればかなりの節約が期待出来ます。

高速バスを利用する

小さいお子さんがいる場合は難しいかもしれませんが、高速バスなら飛行機や鉄道に比べてかなり安く利用できます。

早めに予約しておかないと席が取れなくなってしまうこともありますので、こちらも早めの予約をおすすめします。

高速バスの多くは夜に出発することが多いので、新幹線などで途中まで移動してから乗り換えるという手段を取ることもできます。

バスでの移動が苦でなければこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

その他の節約方法

色々工夫しても交通費はかかるものです。少しでも負担を減らす為に実践されている節約方法をご紹介します。

格安航空を利用する

ピーチやジェットスターなど早割で予約できる会社を利用すると3~5割程度安くなることもあります。

金券ショップやオークションを利用する

早割ほど割引されませんが、通常価格より1~2割程度安く販売されていることもありますのでチェックしてみてください。

実家との協力

お孫さんに会いたいというご両親に、交通費がどれだけかかっているのか伝えることができれば、帰省しない年があっても理解してもらえるかもしれません。

・実家に1回の帰省でかかる交通費を伝える
・交通費の一部を負担してもらう
・帰省する回数を減らす
・手紙やメール、テレビ電話などを使ってなるべく頻繁に実家と連絡を取るようにして帰省しない年をつくる

また、上手く相談することで、まさかの援助も期待出来るかもしれませんね。^^

帰省の交通費節約まとめ

場所によっては時間もお金もかなりかかるかもしれませんが、子どもにとっては帰省することも思い出のひとつです。

おじいちゃんやおばあちゃんに会うのも楽しみでしょうし、なかなか行く機会のない街へ旅行するのはとてもいい経験になります。

大変かもしれませんが、少しでも負担を軽くして楽しい旅の思い出を作ってあげて下さい。

スポンサードリンク

  関連記事

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s
自宅での浴衣 洗濯の仕方は?初めてでも安心の手順 完全版!

夏祭りや花火大会の季節が近づいてきました。 スポンサードリンク 今年は浴衣を着る …

d53775547af2ce55223494c9fc8ee6c7_s
赤ちゃんの紫外線対策はどうする?気になる方法と大人顔負けのUVケアとは

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は柔らかくてぷるぷるで、本当に羨ましいものです。いつ …

c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s
結婚式の服装マナー!既婚30代女性にオススメの秋の装い!

暑さと寒さの混じる秋の季節。 秋の結婚式に招待されて特に悩むことの一つが服装です …

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s
忘年会の余興 練習なしで女性でも簡単に出来るアイデアは!?

会社の忘年会に欠かせないのが余興です。でも苦手な人も多いのではないでしょうか。。 …

bc6de0d61e1bb68df98e427c20c4f93a_s
うなぎ価格の推移と相場!価格高騰の原因と2015年はどうなる?

土用の丑の日はうなぎを食べようと思っている人も多いのではないでしょうか? スポン …

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s
冬場の髪の毛乾燥対策にはヘアオイルで驚きの効果!肌荒れが気になる場合は?

「冬になると、どんなにケアをしていても髪の毛が乾燥して困る!」 スポンサードリン …

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s
日焼け止め 1年前のものは使えるか?未開封と保管状態の関係

紫外線の強い今の時期の必須アイテムといえば「日焼け止め」。 スポンサードリンク …

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s
ブライダルエステはどのくらい前から行けば最低限の効果があるのか?

ご結婚おめでとうございます! スポンサードリンク 結婚式を前に、ウェディングドレ …

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s
車の紫外線対策まとめ!赤ちゃんのために出来ることと便利グッズいろいろ

太陽が照りつける季節は肌の弱い赤ちゃんの紫外線対策も気になってきますよね。 特に …

c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s
七五三の母親の服装はワンピースで良い?将来的に着まわし出来るコーデを!

七五三の子供の服装はすぐに決まっても、以外と悩んでしまうのが自分の服装。 スポン …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上