情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

結婚式には礼服?スーツ?

   

礼服とスーツの違いって分かりますか?

結婚式に行こうと思って
いざ服装を考えたとき、
礼服とスーツのどちらを着ていけばよいのか?
結婚式には何を着ていくのが正しいのか?
困ってしまう人が多いかと思います。

結婚式には礼服とスーツのどちらが正しいのか?



一般的に言われている「礼服」は、
いわゆる
「冠婚葬祭に使われるブラックのスーツ」
のことです。

20代くらいの人だと、
「礼服は葬儀用に用意するもの」
というイメージが強いかもしれませんね。

世間一般の礼儀としては、
冠婚葬祭は全て、
この「礼服」で対応出来ます!

もちろん、ネクタイの色や中に着るシャツは、
場面に応じて変えることが必要です。

ということで、
まずは、
結婚式には礼服でOK!
という結論になりますね。

実際の結婚式で礼服とスーツはどうなっている?

ただし、
実際に結婚式に礼服で行くか?
は、
状況によって検討が必要そうです。

昔のルールで言えば、
礼服で出席することで問題ありませんでしたし、
むしと礼服が正しかったです。

ただし、最近は状況が違います!

若い人の間で、
パーティーに飾り気のない礼服は格好悪い!
というイメージが広まってきたからなのか、
礼服ではなくオシャレめなスーツで出席される人が
とっても多いですね。

30代後半~くらいの方は、
やっぱりまだまだ礼服が多いですが、
若い人で礼服は本当に少なくなりました。

費用面を気にしないのであれば、
最善の選択は、
冠婚葬祭で使える礼服(主に葬儀目的)
と、
結婚式などで使えるオシャレなスーツ
の、
2パターンを用意しておくことだと思います。
状況に応じて使い分けることが出来ます。

会社などに来ていくスーツはやっぱり別なので、
ここは注意してくださいね。^^;
※毎日良いスーツを着ている人は別ですが。。

結婚式でスーツを間違って失敗した話

一番多いのは、
普段着ているリクルートスーツや、
会社用のスーツで結婚式に出席して、
少し浮いてしまった!
という意見が多いです。

大学生とか新社会人くらいまでは
ぎりぎり許されそうですけどね。
そうじゃないと、
やはり少し目立ってしまいそうです。

ただ、シャツやネクタイ、
ポケットチーフをしっかりすれば、
それなりの格好に見えるかもしれませんね。

もう一つは、
若い人の意見で、
礼服で行ってしまったら、
周りの友人たちと雰囲気が少し違った!
という意見。

最近の若い人は、
結婚式であってもカジュアルなイメージが強いので、
やはり皆さんオシャレなスーツが多いです。

礼服の黒は深いですから。
多少シャツやネクタイで明るくしても、
やはり目立ってしまうかもしれませんね。

結婚式に礼服で行くこと自体は、
礼儀としては間違っていないので、
そこは友人たちと話をあわせて、
状況に応じて適切な衣装を着るようにしたいですね。

  関連記事

自転車通勤の紫外線対策に快適で効果的な方法を一覧で!

自転車通勤の人には、暑さに加え紫外線も気になる時期になってきましたね。 関連

敏感肌の私でもOK!薬局で買える日焼け止めを調べてみた

紫外線の強い時期になりましたね。。 (#-д-) やっぱりこの時期は日焼けが気に …

防災用品は何が必要?意外と忘れがちな役に立つアイテムは?

近年多くなってきている地震や災害。 防災用品を揃えなくてはいけないと分かっていて …

そうめんの有効活用!うまうまアレンジ小技集!

夏になると食べることの多いそうめん。でも、そうめんって味が単調で飽きてしまい、余 …

機能性表示は何のために導入された?目的と抱える問題点は?

2015年春から順次導入される機能性表示。トクホなどの性能表示があるにもかかわら …

ぶどう狩りの靴はどうする?デートの時の女性向けオススメ衣装!

ぶどう狩りのシーズン到来で、彼氏と一緒にぶどう狩りデート!なんていう方も多いので …

家や部屋の湿気と原因!賢い対策方法は?

梅雨になると家中のいたる所にカビが生えてしまい悩む人も多いです。 今回は、家の中 …

七五三に絶対ハズれない母親向けの服装と合わせるアクセサリーまとめ!

七五三参りの際に子どもと同じくらい悩むのがママの服装ですね。^^ 関連

浴衣に似合う髪型!ショートで髪飾りアレンジスタイル総まとめ

浴衣を着るとき、普段とは違った髪型でイメージチェンジしてみるのも楽しみの一つです …

カビと湿気の原因とは?根本的な対策は?

カビに悩まされる人が多くいる傍ら、特にカビの悩みを感じたことが無い人がいるのも事 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上