情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

年賀状を来年から出さない!惰性で続いている関係を終わらせる一般的な方法

   

「結婚しました」と久しぶりの親戚から年賀状が届きました。

それに返信したら、翌年も年賀状が届きました。

年賀状が届いたので、今年もまた返信の年賀状を出しました。

こんな無限ループにはまっている私です。汗

普段会えない友人とやり取りのきっかけにもなるし、年賀状自体は非常に良いものだと思っています。ただ、反面、疎遠になっている人との形式だけの年賀状やり取りはもう辞めたい!と思っているのに、なかなか終わらせるタイミングをつかめず、毎年この時期になると悩んでいます。

そこで今回は、惰性で続いている年賀状を終わらせる方法についていろいろと調べてみました。

年賀状にしっかりした理由を一言添えるのが基本的な方法

調べてみたところ、やはり「来年から年賀状をやめたい」と思っている人は多いみたいですね。

本来であれば、
・高齢で文字を書くのが大変になった(健康上の理由)
・配偶者が亡くなられた、離別した
などのタイミングで、その年の年賀状に「○○の理由で来年から新年のご挨拶は失礼させていただきます」と一言添えると丁寧だし、最もきれいで簡潔な年賀状の辞め方になります。

ただ、形式的な年賀状を終わらせたいだけでは、なかなか理由が思いつかないのも事実です。

特別な理由がなくても一言添えて来年から辞退するというのは問題はないのですが、、、実際はなかなか書きづらいですよね。

自然にフェードアウトさせる

もし自分からとりあえず出しているという状態にあるのであれば、
・年賀状にコメントは書き込まない
・まずは自分から出さない
という方法もあります。

スポンサードリンク

年末に出す年賀状にも、気の利いたコメントは書き込まず、形式だけで出していますと言うのが伝わるようにしてみる。
また、年賀状を自分からは出さずに、年賀状が届いたらお正月以降になってしまいますが返事の年賀状を出す、というようにします。

私自身であれば、これが数年続いたら「年賀状を辞めたいんだな。。」と悟って送るのを辞めるでしょう。

…でも、そうじゃない人もいるし、だから辞められずに悩んでいる人も多いのですけどね。汗

年賀状は返事のみと決める

先ほどの考えを発展させて、年賀状は返事のみにして来た年賀状には100%しっかりと返事を書く、というルールを決めてしまうのも自分の中で気が楽かもしれません。

もし年賀状遅かったねと突っ込まれても、「(あなただけじゃなく全員に)年賀状が届いた人に返すようにしているんだ」と言えば角も立たないでしょう。自分も変に悩まずにそう決めてしまえば、覚悟も決まるものです。

年賀状がイヤならメールに変えてみる

もしハガキの年賀状が面倒だという理由であれば、メールで返事を送って来年からはそうしてもらうと言うのも手です。

ハガキに比べたら手間とコストが段違いですからね。軽い内容のメールだともらった相手も気を使わないで楽だったりもします。

ただ、ハガキと同様に、今度は年賀メールのやり取りがやめれずに悩んでしまうという問題もありそうですが。汗

惰性で続いている年賀状を終わらせる方法

結局、相手に悟らせると言うのは意外と難しく、だからだらだらと続いてしまっている人が多いようです。

本来はしっかりと宣言するのが、一番簡単で明確に伝わるので、年賀状以外の方法で辞退する旨を伝えるのも有効ですね。
参考:年賀状をやめたい場合にオススメ文例と方法!失礼なく伝えるポイントは?

スポンサードリンク

  関連記事

もらって嬉しい年賀状とは?どうせ出すなら喜ばれる工夫を!

毎年のコトながら、年賀状に頭を悩ませる時期になりました。。。 スポンサードリンク …

年賀状をやめたい場合にオススメ文例と方法!失礼なく伝えるポイントは?

年賀状を出すのが面倒でやめたいなーと思いながらも出し続けている人って、結構いるん …

年賀状の挨拶文に心のこもった一言を添えたい!パターン別の文例まとめ

今年の年賀状の準備は済みましたでしょうか?? スポンサードリンク 関連

ビジネス年賀状の返事をメールで済ませたい!失礼になるのか事例を調べてみた

年明けに初出社すると、取引先からの挨拶年賀状は未だにたくさん届いています。 スポ …

年賀状に面白くて喜ばれる工夫を!絶対に驚かれるユーモアたっぷりの作戦とは?

今年の年賀状のデザインは決まりましたか? スポンサードリンク 関連

年賀状メールを会社で出すのは失礼じゃない?おすすめ例文とマナーまとめ

毎年、この時期の年賀状には本当に頭を悩ませます。 スポンサードリンク アナタは会 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上