情報ペポパの記憶のカタスミ

記憶のカタスミにひっかかるステキな情報をお届けします!

バレンタインに会社で義理チョコを配るタイミングはいつが良い?男性の気持ちを逆手に取る!

   

義理チョコだと分かっていても、職場でチョコを渡すのってドキドキしますよね。

考えてしまうのが義理チョコを渡すタイミング。「男性側のもらいやすいタイミングはいつか?」など考えてしまうと、なかなか気軽には行きづらいものです。

そこで今回は、バレンタインに職場で義理チョコを配るベストなタイミングについて考えてみました。

義理チョコを配るタイミングはいつが良い?

義理チョコを配るタイミングとして考えられるのは、
(1)朝、出勤してすぐ
(2)お昼休憩時
(3)午後のお茶の時間
(4)業務終了した直後、帰り際
(5)その他
でしょうか。

1.出勤後にすぐ配る

出勤後すぐに配るメリットは
・全員がそろっていることが多いので、配り損ねる人がいないこと
・「いつ配ろう…」「いつもらえるんだろう…」とお互いに気を揉まなくて済むこと
などがあります。

個人的には、出勤してすぐの時間に朝の挨拶もかねて配るのがやりやすいので、このパターンが多いですかね。

朝のうちに渡してしまわないと、一日中タイミングをどうしようかとモヤモヤしてしまうので、そんな気持ちを先に解消したいんです!(笑)

「もらえるのかな」「いつ渡すのがいいかな」と、お互いに様子をうかがいながら話をするのが恥ずかしくてイヤじゃないですか?

2.お昼休憩のタイミングで配る

休憩時間は自分の自由にできる時間ですから、自分のタイミングで配れるのが良いですね。

『男性陣がランチに出かけている間にデスクに置いておく!』なんていう演出も出来ます。

正直、話すのが面倒な人には、デスクに黙って置いておく作戦は非常に楽です。これが理由で一目の少ない静かなお昼に配るとう意見も多かったです。

スポンサードリンク

3.午後のお茶の時間

もし、会社としてお茶休憩の時間が決まっているのであれば、その時間に配るのも自然で良いですね。

会社によっては15:00頃に全体でお茶休憩の時間を取るところも多く、なんとなくこの時間に配るのが決まっているという人もいるようです。タイミングが決まっていると、男性も女性も変な気を使わなくて良いので楽ですよね。

一番気が楽なベストの配るタイミングは?

朝配るのが簡単だとは思うのですが、朝の時間は雰囲気も暗く職場を回りづらいという方も多いようです。もたもたしていると業務も始まってしまいますしね。

実は男性からも評判が高い渡し方として、朝会社に寄ったらデスクに置いてあるとパターンというものがあります。

義理チョコだと、そんなに親しくない人にも渡さざるを得ない場合もあるでしょう。そういうときはデスクに置いて終わりだと女性としても非常に楽ですね。
事前に一言メッセージを書いて一緒に配っておけばOKです。話しかけてくれる人はしっかりと挨拶に来てくれますし、お互いが一番楽な渡し方かなぁとも思います。

ただ、これだと職場に一番に着く必要があるとか、ちょっとハードルは高いですけどね、一番じゃなくても早くに着ければ良いわけで、最初にいる人だけは個別に声をかければ良いわけですし。

あんまり面倒なコミュニケーションを取りたくないなぁという場合はオススメの方法です!^^

義理チョコを配るベストなタイミングはいつ?

男性のほとんどは、2月14日はそわそわして待っている人がほとんどだそうです。顔に出さなくとも、内心は何個チョコをもらえるのか!?と気にしているそうですね。

「無いなら無いと言ってくれ!」と思っている方もいるとか。(笑)

そういう意味では、朝のうちに渡したり、出勤前に配ってしまったりと、早いうちに渡すのがお互いよいタイミングなのでしょう。職場で義理チョコを配るタイミングに悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

  関連記事

バレンタインは会社上司にチョコをあげるべきか!?新社会人のトリセツ!

社会人1年目で初めてのバレンタイン。職場の男性上司や男性社員に「バレンタインチョ …

バレンタイン 男性にチョコ以外の贈り物!お酒好きの彼に渡す甘くないモノ

1年に1度のバレンタイン。もちろんチョコを渡そうと考えていたけど、相手の彼が「チ …

チョコ嫌いの上司にバレンタインは贈るべきか?チョコの代わりに何をあげる?

悩みの多い会社のバレンタイン。特に、上司にチョコを渡すかどうか気を使っている人は …

バレンタインに喜ばれる?実はもらって嬉しいと評判の手作りチョコ!

バレンタインに手作りチョコを贈りたい!と考える女性は多いはず。 スポンサードリン …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

証拠金が取引額の4%以上